バスケットのちから~籠球論語~

バスケットボールの理論・知識・哲学・技術を独自の見解で紹介します。

カテゴリ


プロフィール

kiki

Author:kiki
kiki(キキ)です。
高校時代は能代工業、京北高校、
土浦日大、明大中野高校、等々
東日本の全国区のチームと対戦!
その経験から得たバスケットボール
の見解を紹介します。


ランキング

↓ここをクリック!ランキングアップ!
(にほんブログ村)
にほんブログ村 その他スポーツブログ バスケットボールへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
(人気ブログランキング)

FC2ブログランキング


アクセスカウンター


オンラインカウンター

現在の閲覧者数:


リンク

このブログをリンクに追加する


最新コメント


最新記事


最新トラックバック


検索フォーム


こころの言葉


Google AdSence


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告
バスケットボールはチームスポーツです。
でも、個人のレベルアップなくして
チーム力のアップないと考えるべきでしょう。

高い個人力をもった5人がお互いの力を
合わせることでより高いチーム力が生まれるのです。


個人力を上げることができれば、
試合に出れる機会が増えることことでしょう。
そして、各々が個人力を上げることで
練習のレベルが上がれば、チームの質が上がります。

個人力のレベルの波及効果は大きいものです。
個人力にはどんなものがあるのでしょうか。

技術力、体力、そして、精神力というのが
個人力の大きな3つの柱と言えるでしょう。

技術力とは、バスケットの基本的なプレーのことです。
シュート、パス、ドリブル、リバウンド、ディフェンス
という技術をバランスよく習得して、
それを活かしていくことで1対1の技術力を高めます。

その技術を活かす為には、「体力」が必要です。
単純にスタミナだけでなく、握力や腕の筋力、
ジャンプ力など、部分的な筋肉を鍛えることで
レベルの高い技術が活かせるようになります。

そして「精神力」です。
体力と同じように、練習で培われるものですが、
中学や高校では、学校生活の中にも精神力を上げる
機会があると思います。
「我慢すること」「挑戦すること」
「仲間と協力すること」は、学校生活でもあることです。

色々な機会に自分の弱点を考えた上で、挑戦していく
姿勢をもつことが大切なのかもしれません。



↓↓↓よろしければクリック! お願いします。
にほんブログ村 その他スポーツブログ バスケットボールへ 人気ブログランキングへ

いつも訪問して頂きありがとうございます。
一日一回各ランキングのタグをクリックしてくだされば、
ランキングのポイントが加算されます。
また、各ランキングから入場して下さればさらに
ポイントがアップします。ご協力ありがとうございます。

2010/03/15 18:11|技術理論TB:0CM:0
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://kikibasket.blog59.fc2.com/tb.php/296-0c482271
東日本大震災のお見舞い

東日本大震災で被災された方々に 心よりお見舞い申し上げます。


ナイスシュート

image111.jpg


amazon


amazon DVD


amazon バスケグッズ


Copyright(C) 2008 All Rights Reserved. バスケットのちから~籠球論語~
Powered by FC2ブログ.  JavaScript by LostTechnology. template designed by 遥かなるわらしべ長者への軌跡.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。