バスケットのちから~籠球論語~

バスケットボールの理論・知識・哲学・技術を独自の見解で紹介します。

カテゴリ


プロフィール

kiki

Author:kiki
kiki(キキ)です。
高校時代は能代工業、京北高校、
土浦日大、明大中野高校、等々
東日本の全国区のチームと対戦!
その経験から得たバスケットボール
の見解を紹介します。


ランキング

↓ここをクリック!ランキングアップ!
(にほんブログ村)
にほんブログ村 その他スポーツブログ バスケットボールへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
(人気ブログランキング)

FC2ブログランキング


アクセスカウンター


オンラインカウンター

現在の閲覧者数:


リンク

このブログをリンクに追加する


最新コメント


最新記事


最新トラックバック


検索フォーム


こころの言葉


Google AdSence


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告
1対1の攻防で今一度考えてみようと思うのが
ピボットです。
1対1には必要不可欠な技術ではないでしょうか?

ボールを持ってピボットする時
ボールはフリーフット側にセットしますか?
それとも、軸足にボールをセットしますか?


どれが正しいと言い切るのは
大変難しいことです。
色々な考え方を学んで、
自分なりの理論を構築しましょう。

1対1の練習では大抵の場合、フリーフット側に
ボールをセットしてドライブするように
しているのではないでしょうか。

突き出しというプレーがそれにあたります。
確かにボールを動かすことで、
ピボットの時のボディバランスが
バランスよくできるはずです。

しかし、ボールを相手の近くにさらして
しまうという欠点があります。
また、戻す時に多少時間がかかる場合も
あると思います。
それは、ボールを突き出すことで
ウェイトシフトして、フリーフットへの
体重のかかり方のパーセンテージが上がるからです。

さて、もう一つの方法としては、
軸足側に、ボールをセットするというやりかたです。
ボールを懐に抱えることになって
ボールキープ力はあがります。

そして、相手の動きを見計らって
ボールを突き出すのと同時にピボットします。
一気に抜きにいくという感じになります。

ピボットの時にフリーフットが早く出せないと、
悩んではいませんか?
足を出そうとするから、足が出ないのです。
前傾して頭を前に倒しましょう。
自然と足が出るはずです。

プレーの質を高めるためには、
こうすると、どうなるという研究心が
大切なのではないかと思います。


長らく、更新できずにすいませんでした。
それでも、訪問してくれた皆様に感謝します。
今後はできるだけ、定期的に更新するように
努力しますのでこれからも宜しくお願いします。


↓↓↓よろしければクリック! お願いします。
にほんブログ村 その他スポーツブログ バスケットボールへ 人気ブログランキングへ

いつも訪問して頂きありがとうございます。
一日一回各ランキングのタグをクリックしてくだされば、
ランキングのポイントが加算されます。
また、各ランキングから入場して下さればさらに
ポイントがアップします。ご協力ありがとうございます。

2010/03/31 18:02|1対1TB:0CM:2
今ゴール下へドリブルで詰めてパで止まる。背を向けて止まる。縦に止まる。くるっと180度回って縦に止まる。四種類のストップからのシュート練習を一対一でやってます。時間にして15分位ですが体育館にある6個のリングに分かれてやってます
kikiさんが書かれてるように一対一の間とかボールの出し入れとか足の出し入れとかを楽しんでくれると面白い一対一が見られるはずなんですけど
sakurai #mQop/nM.|2010/03/31(水) 19:49 [ 編集 ]
コメントありがとうございます。

チームの取り組み方はいっぱいありますが、
冬場で身体をつくって、今は個人スキルを上げる
時期かと思います。そして、チームには
新しいメンバーも入ってきて大変かと思います。
ぜひ、バスケットボールの楽しさと
すばらしさを伝えて下さい。

皆さんの活躍を期待しています。
kiki #-|2010/04/01(木) 20:58 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://kikibasket.blog59.fc2.com/tb.php/298-8c2c6c9f
東日本大震災のお見舞い

東日本大震災で被災された方々に 心よりお見舞い申し上げます。


ナイスシュート

image111.jpg


amazon


amazon DVD


amazon バスケグッズ


Copyright(C) 2008 All Rights Reserved. バスケットのちから~籠球論語~
Powered by FC2ブログ.  JavaScript by LostTechnology. template designed by 遥かなるわらしべ長者への軌跡.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。