バスケットのちから~籠球論語~

バスケットボールの理論・知識・哲学・技術を独自の見解で紹介します。

カテゴリ


プロフィール

kiki

Author:kiki
kiki(キキ)です。
高校時代は能代工業、京北高校、
土浦日大、明大中野高校、等々
東日本の全国区のチームと対戦!
その経験から得たバスケットボール
の見解を紹介します。


ランキング

↓ここをクリック!ランキングアップ!
(にほんブログ村)
にほんブログ村 その他スポーツブログ バスケットボールへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
(人気ブログランキング)

FC2ブログランキング


アクセスカウンター


オンラインカウンター

現在の閲覧者数:


リンク

このブログをリンクに追加する


最新コメント


最新記事


最新トラックバック


検索フォーム


こころの言葉


Google AdSence


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告
よくバスケットボールを上達させるために
何をすべきなのかと聞かれます。

それにはまず何をうまくさせたいのかを
考えなければならないと思います。

現状の観察と分析を行った上で
何をどうするのかを考察します。


●上達させるスキルの種類

 ○からだの使い方(ボディコントロール)を良くする
 ○ボールの扱い方(ボールコントロール)を良くする
 ○時間の感覚(タイミング)空間の感覚(スペーシング)を
  良くする

 ○状況判断(観察、判断)を良くする
 ○技術の使い分け(選択)を良くする
 ○味方と合わせることがうまくできる

何をうまくさせるのかを考えなければなりません。
何がうまく出来ていないのかを考えなければなりません。
その上で、何をすべきなのかを考えなければなりません。

あなたが選手ならば、自分の得意な技術と
不得意な技術を知らなければなりません。
得意な技術をより磨き、不得意な技術をスキルアップ
させなければならないでしょう。

しかし、それが技術によるものなのか、
状況判断によるものなのかを考えなければならないでしょう。

指導者においても同じです。
何によってできないのかを観察し分析して、
正しいアドバイスを選手に与えなければなりません。

例えば、ディフェンスなしではボディコントロールや
ボールコントロールがうまくできるとします。

対人パスがうまくできて、思ったところにボールを
投げることができたとして・・・

いざ、試合になるとパスミスばかりやってしまうとしたら・・・
何がミスの原因と言えるのでしょうか・・・
そこが、上達のポイントになるように思います。

技術が上達しても、うまく使えなかったら
ミスにつながります。ミスをすれば叱られるでしょう。
それでは、上達するというモチベーションが
上がらないと思います。

上達のポイントは何ができていて、何ができないのか?
できているのに、なぜミスするのか?
どうすればいいパフォーマンスにつながるのか?

まず、

観察すること。そして分析すること。そして考察すること。
実行してみて、修正すること。


↓↓↓よろしければクリック! お願いします。
にほんブログ村 その他スポーツブログ バスケットボールへ 人気ブログランキングへ

いつも訪問して頂きありがとうございます。
一日一回各ランキングのタグをクリックしてくだされば、
ランキングのポイントが加算されます。
また、各ランキングから入場して下さればさらに
ポイントがアップします。ご協力ありがとうございます。
2010/05/20 10:36|指導論TB:0CM:0
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://kikibasket.blog59.fc2.com/tb.php/309-d1152d04
東日本大震災のお見舞い

東日本大震災で被災された方々に 心よりお見舞い申し上げます。


ナイスシュート

image111.jpg


amazon


amazon DVD


amazon バスケグッズ


Copyright(C) 2008 All Rights Reserved. バスケットのちから~籠球論語~
Powered by FC2ブログ.  JavaScript by LostTechnology. template designed by 遥かなるわらしべ長者への軌跡.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。