バスケットのちから~籠球論語~

バスケットボールの理論・知識・哲学・技術を独自の見解で紹介します。

カテゴリ


プロフィール

kiki

Author:kiki
kiki(キキ)です。
高校時代は能代工業、京北高校、
土浦日大、明大中野高校、等々
東日本の全国区のチームと対戦!
その経験から得たバスケットボール
の見解を紹介します。


ランキング

↓ここをクリック!ランキングアップ!
(にほんブログ村)
にほんブログ村 その他スポーツブログ バスケットボールへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
(人気ブログランキング)

FC2ブログランキング


アクセスカウンター


オンラインカウンター

現在の閲覧者数:


リンク

このブログをリンクに追加する


最新コメント


最新記事


最新トラックバック


検索フォーム


こころの言葉


Google AdSence


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告

ミスの理論

ひとつのミスが試合の流れを変える。
それが勝敗を決めかねないことがあるでしょう。

ミスは必ず起こります。
ミスをゼロにすることなど不可能です。
だからこそ、一つでもミスを少なくすること
それが勝利へとつながります。


色々なミスがありますが、
ターンオーバーのミスが一番なくさなければ
ならないミスになるかもしれません。
それはシュートする前に相手にボールを
奪われてしまうというミスですから
オフェンス機会が減ってしまうので、
当然、得点力が減ってきます。
それでは試合に勝つことはできません。

仮に、同じシュートの成功率であれば、
シュート機会が少ないほうが得点が取れません。
負けることは明白です。

パスミスなどのターンオーバーは
最も減らしたいミスの一つです。
どうすれば減らすことができるでしょうか?

ターンオーバーのミスには大きく3つの原因が
考えられると思います。
一つがファンダメンタルの欠如、そして、
連携のミス、最後は意識性の低さです。

ファンダメンタルの欠如は、ボールをファンブルして
ボールを失うとか、ドリブルを自分の足に当ててしまう
といったミスです。
このような、単純なミスは逆に修正するのは
簡単かもしれません。練習による熟練で解消できます。

連権のミスについても、ファンダメンタルの範疇ですね。
練習で修正できるはずです。
アイコンタクトやターゲットハンド、声だしなので
解消できますし、視野を広げることでミスは減ります。

問題は、意識性の低さが原因で起こるミスはです。
ある程度、チームづくりして、最後の大会の前に
パスミスによるターンオーバーが多くなってくる
場合があります。
ファンダメンタルは十分に備わっています。
チームづくりの段階で、連携プレーもやってきました。
それでも、ミスがでるのは、意識性の低さが原因です。

大会がせまって、練習ゲームの連戦が続くと、
ファンダメンタルや連携プレーの練習が減ってきます。
取り組んできた基本的なプレーの大切な部分を
忘れてしまうのです。
そして、ミスが続くと動揺してしまいます。
それがミスの連鎖を生みます。

ミスがでるということは、問題があるということです。
基本に立ち返って連携プレーの練習やファンダメンタルの
練習に戻って修正することが大切になります。



↓↓↓よろしければクリック! お願いします。
にほんブログ村 その他スポーツブログ バスケットボールへ 人気ブログランキングへ

いつも訪問して頂きありがとうございます。
一日一回各ランキングのタグをクリックしてくだされば、
ランキングのポイントが加算されます。
また、各ランキングから入場して下さればさらに
ポイントがアップします。ご協力ありがとうございます。



2010/05/30 09:17|技術理論TB:0CM:0
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://kikibasket.blog59.fc2.com/tb.php/311-5dda4904
東日本大震災のお見舞い

東日本大震災で被災された方々に 心よりお見舞い申し上げます。


ナイスシュート

image111.jpg


amazon


amazon DVD


amazon バスケグッズ


Copyright(C) 2008 All Rights Reserved. バスケットのちから~籠球論語~
Powered by FC2ブログ.  JavaScript by LostTechnology. template designed by 遥かなるわらしべ長者への軌跡.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。