バスケットのちから~籠球論語~

バスケットボールの理論・知識・哲学・技術を独自の見解で紹介します。

カテゴリ


プロフィール

kiki

Author:kiki
kiki(キキ)です。
高校時代は能代工業、京北高校、
土浦日大、明大中野高校、等々
東日本の全国区のチームと対戦!
その経験から得たバスケットボール
の見解を紹介します。


ランキング

↓ここをクリック!ランキングアップ!
(にほんブログ村)
にほんブログ村 その他スポーツブログ バスケットボールへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
(人気ブログランキング)

FC2ブログランキング


アクセスカウンター


オンラインカウンター

現在の閲覧者数:


リンク

このブログをリンクに追加する


最新コメント


最新記事


最新トラックバック


検索フォーム


こころの言葉


Google AdSence


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告
シュートを決めることがバスケットボールの
最大の目的である。
シュートを決めるために正しい技術と集中力を
身につけるために練習は行われる。

しかし、時には・・・

「シュートは外せ!」と開き直りたい。


シュートを外すために打つ選手などいない。
しかし、実戦で緊張した場面では、
シュートを外してしまうことは、しばしばある。

シュートを決めなければという強い意思は時に
不必要な身体の緊張をうみだしてしまう。
ノーマークでのゴール下のシュートや
目を閉じても外さないようなレイアップシュートが
外れてしまうことがある。

そして、このたった一人の緊張はチーム全体に
波及してしまうことが多い。

シュートは外してもいいのである。
当たり前だけど、わざと外すのではない。
結果的にシュートは外れてしまうものだと
思えばいいのである。
シュートが外れたら、リバウンドを獲って
またシュートを打てばいいだけである。
入るまでリバウンドを獲ってシュートする。
以外にそう思って、リバウンドの準備をすると
シュートは外れないものである。

シュートには、技術、感覚、集中力、そしてメンタルな
部分が大きく影響する。
それには、常に何かに注意を向けておかなければ
ならないものである。

☆注意の柔軟性☆

シュートに限らず、バスケットボールには常に
「注意」を向けるポイントがあり、それを
状況に合わせて変える必要がある。

この切り替えが柔軟でなければならない。
ミスが起きるのは決まって、
この柔軟性がなくなる時である。

自分の想定している範囲の状況には
対応できるが、そうでないと対応が遅れて
ミスにつながってしまうのである。

ミスを防ぎ成功を手に入れるためには
視覚的な要素と気づきの柔軟性を
高める必要があるだろう。

シュートは外れるものである。
だからリバウンドを準備する。
これは、想定できる範囲の状況である。

シュートの際は、リバウンドに
「注意」のポイントを向けるべきである。


↓↓↓よろしければ、クリックお願いします!
にほんブログ村 その他スポーツブログ バスケットボールへ人気ブログランキングへ




2010/06/13 16:56|シュート・スキルTB:0CM:0
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://kikibasket.blog59.fc2.com/tb.php/313-7aaea790
東日本大震災のお見舞い

東日本大震災で被災された方々に 心よりお見舞い申し上げます。


ナイスシュート

image111.jpg


amazon


amazon DVD


amazon バスケグッズ


Copyright(C) 2008 All Rights Reserved. バスケットのちから~籠球論語~
Powered by FC2ブログ.  JavaScript by LostTechnology. template designed by 遥かなるわらしべ長者への軌跡.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。