バスケットのちから~籠球論語~

バスケットボールの理論・知識・哲学・技術を独自の見解で紹介します。

カテゴリ


プロフィール

kiki

Author:kiki
kiki(キキ)です。
高校時代は能代工業、京北高校、
土浦日大、明大中野高校、等々
東日本の全国区のチームと対戦!
その経験から得たバスケットボール
の見解を紹介します。


ランキング

↓ここをクリック!ランキングアップ!
(にほんブログ村)
にほんブログ村 その他スポーツブログ バスケットボールへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
(人気ブログランキング)

FC2ブログランキング


アクセスカウンター


オンラインカウンター

現在の閲覧者数:


リンク

このブログをリンクに追加する


最新コメント


最新記事


最新トラックバック


検索フォーム


こころの言葉


Google AdSence


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告
シュートを決めるためには、確かな技術とフォームは
必要ではあるが、ルーズな技術やフォームでも
シュートは入れることができる。

シュートはメンタルイメージとタッチつまり
ボールが離れる時の感覚がその人に合っていれば
どんなフォームでも入れることはできる。

どんなフォームでも入れるためには
シュートの打ち込みが大切である。
打ち込みによって感覚を身につける必要がある。



さて、極論とも言えるこの理論には問題もある。
常に打ち込み練習が必要だと言うことである。
正しいフォームはシンプルであり、再現性が高い。
しかし、ルーズなフォームは、どこかに無理があるわけで、
指先の感覚だけに頼っているわけで、練習が必要である。

人間の運動能力は優れていて、フォームが曲がっていて
ボールが右に曲がりそうであれば、リリースでは戻そうと
指先で修正しているものである。
練習している時は、この感覚が残っていて簡単にシュートを
決めているのではあるが、長い時間練習していないと
優れたその感覚を忘れてしまうのである。

この感覚はすぐには戻ってこない。
たとえば、中学や高校で試験休みなどがあって練習を休むと
シュートの入る確率が落ちる選手は、
癖のあるシュートフォームということになるかもしれない。
これはあくまでも個人的見解なのであしからず。

私の場合、幸運にもシュート練習していなくても、
数本シュートを打てば、感覚は戻ってきて、
シュートの確率はそれほど落ちることはない。
ただし、長い時間シュートを打っていない場合の
矯正法も持っている。これは重要である。

シュートが入るのは、決して運によるものではない。
自分が強く望むことが大切になる。
自己暗示にも似た精神系の働きは重要である。

よくイメージトレーニングによってプレーが変わると
言われているが、本当だろうかと疑う人も多いだろう。
私は脳科学者ではないが、
脳が実体験とイメージによる体験を区別できるのだろうか。
おいしい食べ物を想像しただけで、口の中が唾液で
いっぱいになるという経験からそう思うのである。

つまり、シュートは入るという成功体験をしていなくても
イメージでシュートが入るという場面を思い浮かべるだけで
シュートの確率は良くなるものだと考えている。

シュートを決めるためやるべきことは・・・
シュートを打つことにある、ということを忘れてはならない。


↓↓↓よろしければ、クリックお願いします!
にほんブログ村 その他スポーツブログ バスケットボールへ人気ブログランキングへ
2010/06/21 17:35|シュートの上達法TB:0CM:0
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://kikibasket.blog59.fc2.com/tb.php/314-8d517d4c
東日本大震災のお見舞い

東日本大震災で被災された方々に 心よりお見舞い申し上げます。


ナイスシュート

image111.jpg


amazon


amazon DVD


amazon バスケグッズ


Copyright(C) 2008 All Rights Reserved. バスケットのちから~籠球論語~
Powered by FC2ブログ.  JavaScript by LostTechnology. template designed by 遥かなるわらしべ長者への軌跡.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。