バスケットのちから~籠球論語~

バスケットボールの理論・知識・哲学・技術を独自の見解で紹介します。

カテゴリ


プロフィール

kiki

Author:kiki
kiki(キキ)です。
高校時代は能代工業、京北高校、
土浦日大、明大中野高校、等々
東日本の全国区のチームと対戦!
その経験から得たバスケットボール
の見解を紹介します。


ランキング

↓ここをクリック!ランキングアップ!
(にほんブログ村)
にほんブログ村 その他スポーツブログ バスケットボールへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
(人気ブログランキング)

FC2ブログランキング


アクセスカウンター


オンラインカウンター

現在の閲覧者数:


リンク

このブログをリンクに追加する


最新コメント


最新記事


最新トラックバック


検索フォーム


こころの言葉


Google AdSence


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告
オフェンスプレーでプレーヤーがボールをキャッチして
トリプル・スレット・ポジションを取った時に
はじめて攻撃の態勢がとれたということになる。

この時、リングに正対していないとすれば、
ディフェンスには正しいプレッシャーを
与えることはできない。
すなわち、リングに正対していなければ、
トリプル・スレット・ポジションは意味が無い。



ボールをもらって、リングに正対した時
目の前にディフェンスがいなければ、
シュートまたは、ドリブルシュートという選択になる。
しかし、多くの場面では、ディフェンスはしっかりと
リングの前に立ちはだかる。

トリプル・スレット・ポジションから
ディフェンスを出し抜くためのムービングを考えてみたい。

●ストロングサイド・ドライブ

トリプル・スレット・ポジションがとれたら、
ジャブステップ(狭く足を出す動き)をして
ディフェンスの反応を見る。できればこの動きで
ディフェンスを誘い出したい。
この場合、ステップは右利きなら右足を使い、
左利きなら左足を使う。

オフェンスプレーヤーがバランスを崩さずに
すばやくジャブステップをするには、短く
約20cmほど出すことにする。

もし、ディフェンスの反応が遅ければ、
ステップの足を使い、より長くステップして
頭と肩をディフェンスの横に並べれば
ディフェンスを抜き去ることができる。

その際、ドリブルはワンドリが理想であるが、
仕掛けた場所により最小限の回数で行う。
そして、リングに直線的にカットすることが
ベストである。
この時、他のディフェンスのカバーリングを
警戒することが必要である。

ドリブルは強く、より少なく、そして
前傾姿勢であっても、顔を上げて視野を広く
しておくことが、ドライブを成功させるコツになる。


さて、ボールを持った時のしかけは、
これだけにとどまらないということで・・・・
次の機会に述べたい・・・近いうちに・・・


↓↓↓よろしければ、クリックお願いします!
にほんブログ村 その他スポーツブログ バスケットボールへ人気ブログランキングへ
2010/08/01 20:39|オフェンススキルTB:0CM:0
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://kikibasket.blog59.fc2.com/tb.php/320-7d8dd76d
東日本大震災のお見舞い

東日本大震災で被災された方々に 心よりお見舞い申し上げます。


ナイスシュート

image111.jpg


amazon


amazon DVD


amazon バスケグッズ


Copyright(C) 2008 All Rights Reserved. バスケットのちから~籠球論語~
Powered by FC2ブログ.  JavaScript by LostTechnology. template designed by 遥かなるわらしべ長者への軌跡.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。