バスケットのちから~籠球論語~

バスケットボールの理論・知識・哲学・技術を独自の見解で紹介します。

カテゴリ


プロフィール

kiki

Author:kiki
kiki(キキ)です。
高校時代は能代工業、京北高校、
土浦日大、明大中野高校、等々
東日本の全国区のチームと対戦!
その経験から得たバスケットボール
の見解を紹介します。


ランキング

↓ここをクリック!ランキングアップ!
(にほんブログ村)
にほんブログ村 その他スポーツブログ バスケットボールへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
(人気ブログランキング)

FC2ブログランキング


アクセスカウンター


オンラインカウンター

現在の閲覧者数:


リンク

このブログをリンクに追加する


最新コメント


最新記事


最新トラックバック


検索フォーム


こころの言葉


Google AdSence


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告
リバウンドを奪取するために
最も重要な要素は「熱意」である。

身長や体の大きさよりも大切なのは
ボールを追いかけるという単純なことになる。


シュートは必ずミスがおこる可能性があり
ボールが空中にあるときは、ボールは
誰のものでもない。
誰のものでもないボールを必ず手に入れるという
強い気持ちがリバウンドには大切である。

より良いリバウンド争いをしてボールを
手に入れるにはボディコンタクトを
恐れてはいけないことがわかるだろう。
シュートのたびにボールを取りにいけば
そのたびに接触プレーが発生するはずである。
リバウンドには「熱意」のほかに
「勇気」も必要なことがわかる。

たとえぶつかりあうプレーであっても
攻撃的な気持ちと攻撃的は姿勢をもっていれば
ケガもしないものである。
ケガは弱気になったり逃げるような消極的な
プレーの方が危険性が高いと考えている。

ぶつかり合いになれば、お互いのパワーは
お互いの力で吸収されバランスが保たれるものである。

バスケとボールに必要なボディバランスのひとつに
リバウンドの時の力と力による体のバランスを
保つことも大切である。

力はぶつかり合った時に体勢を崩さないために
重要な要素である。
もし、バランスを少しでも崩せば、ボールは取れない。
ぶつかりあってもバランスを保つためには
低い姿勢を保ちボールを目で追って
ボールに向かっていくのである。

力がなくて、バランスを保てなくては
いくら身長が高くてもリバウンドは取る事はできない。

体の使い方は練習で覚えよう。


↓↓↓よろしければ、クリックお願いします!
にほんブログ村 その他スポーツブログ バスケットボールへ人気ブログランキングへ
2010/09/11 21:51|リバウンドTB:0CM:0
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://kikibasket.blog59.fc2.com/tb.php/326-2f1a2164
東日本大震災のお見舞い

東日本大震災で被災された方々に 心よりお見舞い申し上げます。


ナイスシュート

image111.jpg


amazon


amazon DVD


amazon バスケグッズ


Copyright(C) 2008 All Rights Reserved. バスケットのちから~籠球論語~
Powered by FC2ブログ.  JavaScript by LostTechnology. template designed by 遥かなるわらしべ長者への軌跡.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。