バスケットのちから~籠球論語~

バスケットボールの理論・知識・哲学・技術を独自の見解で紹介します。

カテゴリ


プロフィール

kiki

Author:kiki
kiki(キキ)です。
高校時代は能代工業、京北高校、
土浦日大、明大中野高校、等々
東日本の全国区のチームと対戦!
その経験から得たバスケットボール
の見解を紹介します。


ランキング

↓ここをクリック!ランキングアップ!
(にほんブログ村)
にほんブログ村 その他スポーツブログ バスケットボールへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
(人気ブログランキング)

FC2ブログランキング


アクセスカウンター


オンラインカウンター

現在の閲覧者数:


リンク

このブログをリンクに追加する


最新コメント


最新記事


最新トラックバック


検索フォーム


こころの言葉


Google AdSence


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告

フェイク

不器用であった私は、必要以上の動きをしないようにと
フェイクという動きをしないようにプレーしてきた。

以前にも書いたとおり、それを補うために
スピードの変化やステップの大きさを変えることで
プレーに変化をつけていた。

でもフェイクの動きは必要な動きである。


●動きの前にはフェイクを入れる。

 自分が何かプレーをしようとする時、その前の動きに
 フェイクを入れて、ディフェンスがひっかかれば
 その後のプレーの成功率は大きく向上するだろう。

 フェイクを習慣づけて、積極的に使えば
 相手を崩す武器になるはずである。

 フェイクはスピードの変化と方向の変化を
 組み合わせることで正しい動きとなる。
 スピードでは緩急の差激しいほど効果的である。
 それに必要なのは、ストップの動作と
 ピボットということになる。

 方向では右と見せかけて左へ動く、上と見せかけて下という
 動きの変化やタメをつくることで相手を出し抜ける。

 フェイクはひとりよがりでは、効果はうすくなる。
 ディフェンスが何を警戒しているかを
 一瞬のうちに感じることでフェイクを効果的に使えばよい。

 パスカットを狙っていると感じたならば、パスフェイク。
 シュートブロックを狙っていると感じたならば
 ポンピングでシュートフェイク。



 自分をマークしている相手の得意とするもの、
 不得意とするものがあるので、
 それを感じて考えて効果的なフェイクを選択したいものである。

 よいフェイクは相手をひっかけるだけではいけない。
 その後のプレーの動きがスムーズに行えるかが重要である。

 私がフェイクを不得意とした理由は、フェイクした後の
 次の動きがスムーズに行えなかったことにある。
 それは、ボールハンドリングとボディバランスのスキルの
 習得がうまくできていなかったからである。

 もし、私のようにフェイクがうまくできないとするならば、
 基本スキルの習得を今一度心がけてみよう。
 
↓↓↓よろしければ、クリックお願いします!
にほんブログ村 その他スポーツブログ バスケットボールへ人気ブログランキングへ

2010/09/27 18:27|1対1TB:0CM:0
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://kikibasket.blog59.fc2.com/tb.php/328-e64362c1
東日本大震災のお見舞い

東日本大震災で被災された方々に 心よりお見舞い申し上げます。


ナイスシュート

image111.jpg


amazon


amazon DVD


amazon バスケグッズ


Copyright(C) 2008 All Rights Reserved. バスケットのちから~籠球論語~
Powered by FC2ブログ.  JavaScript by LostTechnology. template designed by 遥かなるわらしべ長者への軌跡.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。