バスケットのちから~籠球論語~

バスケットボールの理論・知識・哲学・技術を独自の見解で紹介します。

カテゴリ


プロフィール

kiki

Author:kiki
kiki(キキ)です。
高校時代は能代工業、京北高校、
土浦日大、明大中野高校、等々
東日本の全国区のチームと対戦!
その経験から得たバスケットボール
の見解を紹介します。


ランキング

↓ここをクリック!ランキングアップ!
(にほんブログ村)
にほんブログ村 その他スポーツブログ バスケットボールへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
(人気ブログランキング)

FC2ブログランキング


アクセスカウンター


オンラインカウンター

現在の閲覧者数:


リンク

このブログをリンクに追加する


最新コメント


最新記事


最新トラックバック


検索フォーム


こころの言葉


Google AdSence


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告
いつもの技術論、精神論とは別の観点から
バスケットボールを考える機会を頂きました。

それが、
八幡カップ全国シニアバスケットボール交換会です。




練習している選手、チームは、
やはりシュートが入るし、1対1ので攻めきれなくても
「合わせ」コンビネーションが出てくる。

どうしても、インサイドプレーでは、練習による
チームのタイミングや約束事がうまくかみ合わない。

パスが入るポジションにいても、パサーが見ていない。
又は、少し遅れてしまうので、ディフェンスに読まれる。

ディフェンスは、気持ちと読みがあれば、
ある程度対応できる。

相手を抑えられても、得点力がないと苦しい。
優秀なアウトサイドシューターは一人は必要で、
オフェンスリバウンドも意欲的に飛び込める
選手も必要である。
そして、ポストプレーとカッティング・プレーと
多彩なオフェンスがないと、消化不良的な試合になる。

これは、なにもシニアに限ったことではないと思う。
オフェンスにおいて、なにで得点出来るのかを
分析して準備していなければならないと考える。


【追伸】

体調不良のため、なかなか更新できずにいます。
簡単な記事の更新で申し訳ありませんが、
順調に回復に向かっています。
近いうちに、今までどおりに記事の更新を
予定しておりますので、宜しくお願いします。


↓↓↓よろしければ、クリックお願いします!
にほんブログ村 その他スポーツブログ バスケットボールへ人気ブログランキングへ


2010/10/19 11:54|ひとりごと日記TB:0CM:0
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://kikibasket.blog59.fc2.com/tb.php/331-e612e9dd
東日本大震災のお見舞い

東日本大震災で被災された方々に 心よりお見舞い申し上げます。


ナイスシュート

image111.jpg


amazon


amazon DVD


amazon バスケグッズ


Copyright(C) 2008 All Rights Reserved. バスケットのちから~籠球論語~
Powered by FC2ブログ.  JavaScript by LostTechnology. template designed by 遥かなるわらしべ長者への軌跡.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。