バスケットのちから~籠球論語~

バスケットボールの理論・知識・哲学・技術を独自の見解で紹介します。

カテゴリ


プロフィール

kiki

Author:kiki
kiki(キキ)です。
高校時代は能代工業、京北高校、
土浦日大、明大中野高校、等々
東日本の全国区のチームと対戦!
その経験から得たバスケットボール
の見解を紹介します。


ランキング

↓ここをクリック!ランキングアップ!
(にほんブログ村)
にほんブログ村 その他スポーツブログ バスケットボールへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
(人気ブログランキング)

FC2ブログランキング


アクセスカウンター


オンラインカウンター

現在の閲覧者数:


リンク

このブログをリンクに追加する


最新コメント


最新記事


最新トラックバック


検索フォーム


こころの言葉


Google AdSence


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告
ファーストブレイクは最も成功率の
高い攻撃法の一つである。

それはほとんどの場合、
ボールの所有変わった瞬間に
ディフェンスになったチームは最も広いフロアを
守らなければならないという
最も不利な状況にあるからである。


さらにボールを直前まで相手の内側に
入ろうとしているわけだから、
状況によっては、ディフェンスしなければ
ならない状況にあるにも関らず
新たにオフェンスになった相手よりも
外側にいることも考えられる。

これらのことはファーストブレイクを
成功させるために数的有利な展開である
アウトナンバーにできる状況にあるということになる。

これは、ボールの所有の転換と同時に攻撃に
転じることが早ければ、
より有利に攻撃できる可能性が高まるということである。

そして、ファーストブレイクを開始するには、
ボールの所有の転換がおこることが
必要であり、それが不意にやってくれればくれるほど
相手の対応が遅れてより効果的な攻撃となる。

しかし、この場合のディフェンスのフリの状況も
比較的に簡単に解決できるということを
知っておかなければならない。

それは、守るべきゴールに向かって
すばやく走って戻るということである。

ファーストブレイクを効果的な攻撃にするためには
戻るディフェンスよりもさらに早く攻めなければならない。
その時攻撃側が有利になるためにはボールと人を
同時に両方を早く進めなければならないということを
考えなければならない。

こう考えるとファーストブレイクは有効な攻撃である
と考えられるが、それだけでは勝負にならない。

すなわち、セットオフェンスも必ず準備して
おかなければならないということになる。


↓↓↓よろしければ、クリックお願いします!
にほんブログ村 その他スポーツブログ バスケットボールへ人気ブログランキングへ

2010/10/25 21:23|ファーストブレイクTB:0CM:0
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://kikibasket.blog59.fc2.com/tb.php/332-0391531d
東日本大震災のお見舞い

東日本大震災で被災された方々に 心よりお見舞い申し上げます。


ナイスシュート

image111.jpg


amazon


amazon DVD


amazon バスケグッズ


Copyright(C) 2008 All Rights Reserved. バスケットのちから~籠球論語~
Powered by FC2ブログ.  JavaScript by LostTechnology. template designed by 遥かなるわらしべ長者への軌跡.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。