バスケットのちから~籠球論語~

バスケットボールの理論・知識・哲学・技術を独自の見解で紹介します。

カテゴリ


プロフィール

kiki

Author:kiki
kiki(キキ)です。
高校時代は能代工業、京北高校、
土浦日大、明大中野高校、等々
東日本の全国区のチームと対戦!
その経験から得たバスケットボール
の見解を紹介します。


ランキング

↓ここをクリック!ランキングアップ!
(にほんブログ村)
にほんブログ村 その他スポーツブログ バスケットボールへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
(人気ブログランキング)

FC2ブログランキング


アクセスカウンター


オンラインカウンター

現在の閲覧者数:


リンク

このブログをリンクに追加する


最新コメント


最新記事


最新トラックバック


検索フォーム


こころの言葉


Google AdSence


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告
シュートが入るようになるためには
シュートが入る方法を考えなければならない。

ドリブルがうまくなりたいのなら
ドリブルがうまくなる方法を考えなければならない。

パスがうまくなりたいのなら
パスがうまくなる方法を考えなければならない。


うまくなるには、うまくなる方法を
考えて行動しなければ、上達しない。

行動するということは、練習するということになる。
この練習のしかたを間違えると、
大きな遠回りをすることになる。

バスケットボールはハビット(習慣)の
スポーツと言われている。
やり方を間違えると、悪い習慣が身についてしまう。

これを直すには、倍の時間がかかると
思ったほうがいい。

正しい練習を反復練習する事で、
うまくなることができる。

しかし、これは単にスキル(技術)身につけるという
ことにしかならない。

スキル(技術)身につけることは、ひとつの目標ではある。
しかし、大切なのは、
そのスキルを正しく使うということである。

バスケットボールにおいて、行動を起こす時には
必ずリスクを伴う。
実戦ではミスはつきものである。

シュートやドリブルやパスがうまくなったならば
次のステップとして、持っているスキルを
いかに活かすかを考えなければならない。

バスケットボールでの相手との攻防の中では
予測するということが一番大切であると感じている。

相手の動きを予測して、次のプレーを選択する。
しかも、正しく選択することが大切である。
これによって、相手を抑えたり、
出し抜けることができれば、こんな楽しいことはない。

これが、バスケットボールの醍醐味になる。

最初は難しかった技術も、正しく考えて練習すれば
必ず上達する。

練習して、考えて、判断して、修正して、実践して
有意義な経験を積み重ねる事で、
完成された能力となって習得されている。

それは、決して、成功の積み重ねではない。
むしろ、失敗の繰り返しの中で、身につくものである。

諦めずにやり遂げられる心のスタミナも必要である。

バスケットボールの上達にもっとも大切なのは
この心のスタミナかもしれない。

必ず成功する、絶対に上手くなると信じることが
上達の必修条件である。



↓↓↓よろしければ、クリックお願いします!
にほんブログ村 その他スポーツブログ バスケットボールへ人気ブログランキングへ

2011/02/14 17:58|バスケット上達法TB:0CM:0
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://kikibasket.blog59.fc2.com/tb.php/342-f9b39b73
東日本大震災のお見舞い

東日本大震災で被災された方々に 心よりお見舞い申し上げます。


ナイスシュート

image111.jpg


amazon


amazon DVD


amazon バスケグッズ


Copyright(C) 2008 All Rights Reserved. バスケットのちから~籠球論語~
Powered by FC2ブログ.  JavaScript by LostTechnology. template designed by 遥かなるわらしべ長者への軌跡.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。