バスケットのちから~籠球論語~

バスケットボールの理論・知識・哲学・技術を独自の見解で紹介します。

カテゴリ


プロフィール

kiki

Author:kiki
kiki(キキ)です。
高校時代は能代工業、京北高校、
土浦日大、明大中野高校、等々
東日本の全国区のチームと対戦!
その経験から得たバスケットボール
の見解を紹介します。


ランキング

↓ここをクリック!ランキングアップ!
(にほんブログ村)
にほんブログ村 その他スポーツブログ バスケットボールへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
(人気ブログランキング)

FC2ブログランキング


アクセスカウンター


オンラインカウンター

現在の閲覧者数:


リンク

このブログをリンクに追加する


最新コメント


最新記事


最新トラックバック


検索フォーム


こころの言葉


Google AdSence


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告
チームづくりとは・・・
チームの指導に当たる者にとって大きな課題である。

強いチームをつくりたいと願うのが指導者であり
選手もそれを望むのかもしれない。
しかし、強いチーム=勝てるチームではないと
考えるのである。


ではどんなチームが勝てるチームになるのだろうか?

勝てるチームをつくるには、いいチームをつくることである。
それではいいチームとは・・・?
それは成長し続けるチームではないだろうか。

自分がうまくなっている。
チームがうまくなっていると実感できる時に
バスケットボールをしていて楽しいと感じるはずである。

逆もまた正しいことであり、楽しいと感じなければ
成長も遅いはずである。

ただ楽な練習が楽しいというわけではないはずである。
一生懸命が楽しい。
一生懸命苦しい練習をやっていれば、その先に
成長という実のなることがわかれば、そう信じられれば
どんな練習も楽しめるはずである。

試合を考えてみれば、簡単に勝てる相手と戦って
勝ったとしても楽しいと感じることができるだろうか。
分達よりも強い相手から勝つことの方が
ずっと楽しいと感じることが出来るはずである。

いい選手が不在で勝てる要素が少ないと誰もが感じる
チームであるとき、その時こそが、いいチームをつくる
絶好のチャンスだと感じるのである。

いい選手が、一人か二人いるときには、
どうしてもその選手に頼ってしまうものであり、
戦略的にもその形になりやすい。
しかし、それでは、いいチームになりにくいものである。

ピンチをチャンスに変えるには努力しかない。
チームスポーツであるバスケットボールにおいては
一人の努力よりも、チーム全員で努力できる一体感こそが
いいチームづくりのエネルギーになると信じている。

中学校、高校は春の大会に向けてチームづくりの
真っ最中であろうと思われる。
大切な事は、何事にも一生懸命にプレーすることであり
その先にある自分の成長をイメージしていきたいものである。
そして、チーム全体の成長のイメージももっていただきたい。

一生懸命への挑戦こそが、成長のポイントであると考える。



↓↓↓よろしければ、クリックお願いします!
にほんブログ村 その他スポーツブログ バスケットボールへ人気ブログランキングへ

2011/02/28 17:58|指導論TB:0CM:0
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://kikibasket.blog59.fc2.com/tb.php/343-1423aad3
東日本大震災のお見舞い

東日本大震災で被災された方々に 心よりお見舞い申し上げます。


ナイスシュート

image111.jpg


amazon


amazon DVD


amazon バスケグッズ


Copyright(C) 2008 All Rights Reserved. バスケットのちから~籠球論語~
Powered by FC2ブログ.  JavaScript by LostTechnology. template designed by 遥かなるわらしべ長者への軌跡.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。