バスケットのちから~籠球論語~

バスケットボールの理論・知識・哲学・技術を独自の見解で紹介します。

カテゴリ


プロフィール

kiki

Author:kiki
kiki(キキ)です。
高校時代は能代工業、京北高校、
土浦日大、明大中野高校、等々
東日本の全国区のチームと対戦!
その経験から得たバスケットボール
の見解を紹介します。


ランキング

↓ここをクリック!ランキングアップ!
(にほんブログ村)
にほんブログ村 その他スポーツブログ バスケットボールへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
(人気ブログランキング)

FC2ブログランキング


アクセスカウンター


オンラインカウンター

現在の閲覧者数:


リンク

このブログをリンクに追加する


最新コメント


最新記事


最新トラックバック


検索フォーム


こころの言葉


Google AdSence


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告
パスミスの原因は大きく2つあると考えます。

ひとつは「パスしか狙っていない」ということ。

もうひとつは「パッサーとレシーバーの呼吸が合わない」
ということ。


パスミスの悪影響は、ミスした後に
毎回全力で戻らなければならないということ。
当然、ディフェンスの回数は増えます。

それよりも、予期せぬパスミスでの体力の消耗は
実は考えてるよりも大きいと考えます。
だからと言って、ディフェンスに戻らないわけには
いかないでしょう。

体力の消費は、試合終盤の大事な時の接線の時に
そのツケが回ってくると考えたほうがいいだろう。
終盤の接戦に勝利できないのは、試合中盤のパスミスの
回数の数の影響が大きい事も考え、ミスの修正を
考慮するべきである。

さて、パスミスしないと考えるよりも、
パスを成功させるにはと考えるべきであろう。

最初にあげた「パスしか狙っていない」事の対策は
リングを見る、リングに向かうという姿勢を貫くことが
大切になる。これは基本的なこと。
これを安易に考えすぎている傾向があると感じます。

もうひとつの「パッサーとレシーバーの呼吸」については
これはコミニュケーションをとるしかありません。

パスを読まれない。パスコースを読まれない。
そのためのパスキャッチやパスの技術、パスフェイクなどの
基本スキルの習得もかかせない。

パスミスについては、自分で考えて練習で取り組む必要がある。
パスの種類を変える。パスの出し方を変える。
パスのタイミングを変える。自分で考えて工夫してみること。

パッサーとレシーバーのコミニュケーションは会話で行う。
「どんなパスがほしい」とか、「こっちに出して」とか、
「気づいたけど、タイミングが遅くてパスミスになりそうだった」
プレー直後の確認の会話が大切である。

パスミスは一人では解決しない。
だからこそ、チームプレーの醍醐味が味わえる。
相手を出し抜いて、ナイスパスでシュートを決める。
その時の喜びは2人分になる。
それはいい波及効果でチームが活性化する。

いいチームワークのチームはパスがうまい。
それも、シュートに直結するパスが上手いのである。


↓↓↓よろしければ、クリックお願いします!
にほんブログ村 その他スポーツブログ バスケットボールへ人気ブログランキングへ

2011/03/09 18:37|パス・スキルTB:0CM:0
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://kikibasket.blog59.fc2.com/tb.php/344-f8341469
東日本大震災のお見舞い

東日本大震災で被災された方々に 心よりお見舞い申し上げます。


ナイスシュート

image111.jpg


amazon


amazon DVD


amazon バスケグッズ


Copyright(C) 2008 All Rights Reserved. バスケットのちから~籠球論語~
Powered by FC2ブログ.  JavaScript by LostTechnology. template designed by 遥かなるわらしべ長者への軌跡.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。