バスケットのちから~籠球論語~

バスケットボールの理論・知識・哲学・技術を独自の見解で紹介します。

カテゴリ


プロフィール

kiki

Author:kiki
kiki(キキ)です。
高校時代は能代工業、京北高校、
土浦日大、明大中野高校、等々
東日本の全国区のチームと対戦!
その経験から得たバスケットボール
の見解を紹介します。


ランキング

↓ここをクリック!ランキングアップ!
(にほんブログ村)
にほんブログ村 その他スポーツブログ バスケットボールへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
(人気ブログランキング)

FC2ブログランキング


アクセスカウンター


オンラインカウンター

現在の閲覧者数:


リンク

このブログをリンクに追加する


最新コメント


最新記事


最新トラックバック


検索フォーム


こころの言葉


Google AdSence


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告
バスケットボールの大きな特徴である
オフェンスからディフェンスに切り替わる状況、
ディフェンスからオフェンスに切り替わるの事を
「トランジション」と言う。

この切り替えをすばやく行えば、
鋭く相手を打ち砕くことができる。




大学時代に5対5で勝負するより、3対3の状況で
勝負するように言われたのを覚えている。
これは、オフェンスの展開やリバウンドに飛び込むための
スペースが確保できるからだ。

そのチームの考え方は色々なので
この考え方にとらわれることはない。
しかし、一つの考え方として参考にしてほしい。

ディフェンスからオフェンスに切り替える時に
「ファーストブレイク(速攻)」というと
無意識のうちに無理なプレーに走りがちである。
「早く」の意識があせりを生み、「正確に」という
意識が忘れられがちなのである。

リバウンド又はインターセプトでボールを獲得した
ことによりプレーが始まる。基本的には5人というより
3人でボールを運ぶと考えた方がいい。
(色々な動きはチームによって違ってくるので省略)

考え方は「少々ゆっくりなプレーになってもいいから、
常に安全なプレーを選択する」ということである。
基本は3メン。3つのレーンを使って安全かつ素早く
ボールを進めるということである。
その場合、どのレーンを使ってもかまわない。

バランスを考えるならば、ボールはミドルレーンの上を
運ぶのがベストであろう。
そして、レイアップシュートにもっていけるか、
ミドルシュート(5m以内)のバンクシュートを狙う。

それができない場合に、きれいな3メンになっているなら、
アウトサイト同士がスクリーンをかけていいだろう。
アウトサイドのプレーヤーにパスしてミドルラインの
プレーヤーが切り込むのいいだろう。

それぞれの状況に合わせてシュートセレクションしてほしい。
あくまで、パスミスのないように・・・が原則。

もっとも後ろにいるプレーヤーを「トレーラー」という。
この選手の役割は、相手の逆速攻に備えておくということ。
そして、オフェンスに参加する時にはそれを合図に
速やかにモーションオフェンスに入れるように
見方のポジションとチームの「きまりごと」に
動く事が求められる。

ファーストブレイクでシュートを決められなくても
セットオフェンスで、ボールとプレーヤーが
質の良い動きの連動で攻める事ができれば
「トランジション」の展開をコントロールできている
いいオフェンスであると言えるだろう。




↓↓↓よろしければ、クリックお願いします!
にほんブログ村 その他スポーツブログ バスケットボールへ人気ブログランキングへ

2011/04/14 20:36|オフェンススキルTB:0CM:0
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://kikibasket.blog59.fc2.com/tb.php/349-f93bba6f
東日本大震災のお見舞い

東日本大震災で被災された方々に 心よりお見舞い申し上げます。


ナイスシュート

image111.jpg


amazon


amazon DVD


amazon バスケグッズ


Copyright(C) 2008 All Rights Reserved. バスケットのちから~籠球論語~
Powered by FC2ブログ.  JavaScript by LostTechnology. template designed by 遥かなるわらしべ長者への軌跡.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。