バスケットのちから~籠球論語~

バスケットボールの理論・知識・哲学・技術を独自の見解で紹介します。

カテゴリ


プロフィール

kiki

Author:kiki
kiki(キキ)です。
高校時代は能代工業、京北高校、
土浦日大、明大中野高校、等々
東日本の全国区のチームと対戦!
その経験から得たバスケットボール
の見解を紹介します。


ランキング

↓ここをクリック!ランキングアップ!
(にほんブログ村)
にほんブログ村 その他スポーツブログ バスケットボールへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
(人気ブログランキング)

FC2ブログランキング


アクセスカウンター


オンラインカウンター

現在の閲覧者数:


リンク

このブログをリンクに追加する


最新コメント


最新記事


最新トラックバック


検索フォーム


こころの言葉


Google AdSence


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告
オフェンスリバウンドは試合において
重要な要素だと考えます。
しかし、オフェンスにおいてはゾーンや
マンツーマンを攻めたり、
オールコートプレスに対応したり、
オフェンスの仕掛けを考えると
オフェンスリバウンドどころではなくなります。


しかし、オフェンスリバウンドを強化すれば
確実にチーム力は上がると考えるべきです。
もし、あなたのチームがオフェンスリバウンドの
強化されたチームだとすると
相手のチームはこの対応策に苦慮しなければなりません。
この対応には多くのエネルギーが使われます。
戦う上では優位になることになります。

それよりも、個人の技術も上達することになります。
ポジション争い、ボディコンタクト、ジャンプ力、
ボールの行方の予測、メンタル面の強化・・・

オフェンスリバウンドを取ることによって
すぐにゴール下でシュートできる確実なパスを
取ったことと同じ事になる。
何よりも、オフェンスが継続できる。
もし取られていれば、ディフェンスに切り替えて
早く戻らなければなりません。

それでは、なぜオフェンスリバウンドが重要なのだろうか

 ○ 相手のチームのやる気をくじくことができる

 ○ 相手のファーストブレイクを防ぐ事ができる

 ○ 相手のファールを誘う事ができる

 ○ スリーポイントプレー(バスケットカウント)
   シュートを決めてファールをもらってフリースロー

 ○ 相手よりも多くシュートを打つことができる
   最高の方法である

ボールを奪取する方法では、ターンオーバー数では
それほど回数を上回ることはあまりない。
(実力差が大きければ別である。)

しかし、オフェンスリバウンドが強いと、リバウンド数では
多くの回数の差を生み出すことができる。
それによって、シュートの回数、オフェンスの回数が増えると
考えた方が効率がいいと思うのである。

ぜひ、オフェンスリバウンドの強化を進めてもらいたい。



↓↓↓よろしければ、クリックお願いします!
にほんブログ村 その他スポーツブログ バスケットボールへ人気ブログランキングへ

2011/05/02 17:05|リバウンドTB:0CM:0
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://kikibasket.blog59.fc2.com/tb.php/353-4a7d969f
東日本大震災のお見舞い

東日本大震災で被災された方々に 心よりお見舞い申し上げます。


ナイスシュート

image111.jpg


amazon


amazon DVD


amazon バスケグッズ


Copyright(C) 2008 All Rights Reserved. バスケットのちから~籠球論語~
Powered by FC2ブログ.  JavaScript by LostTechnology. template designed by 遥かなるわらしべ長者への軌跡.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。