バスケットのちから~籠球論語~

バスケットボールの理論・知識・哲学・技術を独自の見解で紹介します。

カテゴリ


プロフィール

kiki

Author:kiki
kiki(キキ)です。
高校時代は能代工業、京北高校、
土浦日大、明大中野高校、等々
東日本の全国区のチームと対戦!
その経験から得たバスケットボール
の見解を紹介します。


ランキング

↓ここをクリック!ランキングアップ!
(にほんブログ村)
にほんブログ村 その他スポーツブログ バスケットボールへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
(人気ブログランキング)

FC2ブログランキング


アクセスカウンター


オンラインカウンター

現在の閲覧者数:


リンク

このブログをリンクに追加する


最新コメント


最新記事


最新トラックバック


検索フォーム


こころの言葉


Google AdSence


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告
相手との戦いは数十分しかない。
ほとんどが自分との戦いである。

その本当の意味がなかなか選手には
わからないものである。


今、目の前にある課題は何なのか
それに気づけなければ、今すべき事は見えない。

出来そうで出来ない課題こそが
今出来そうな手前でくじけてしまいそうな課題である。

シュートが入るようにするという課題があれば、
シュートの練習をする。
それは、正しいボール持ち方、正しいフォームによって
実現できる。
練習によって、正しい習慣づけが必要である。

しかし、シュートをいくら打っても入らない時もある。
それには、必ず原因が存在する。
そのシュートの修正方法を自分なりの「気づき」によって
身につければ、シュート力は間違いなくアップする。

正しいスキルの習得。
適切な修正法の習得。
それに裏づけされて、自信を得ることができる。

さて、シュートは入るようになった。
しかし、実戦では相手つまりディフェンスがシュートを
防御しようとする。
つまり、簡単にシュート打たせてはくれないのだ。
いかに、ノーマークでシュート打つ事ができるかが
次の課題になる。
努力してノーマークができないとしても、
ディフェンスを前にシュートを打たなければならない。

ここに、フェイント、クイックネスというスキルの
習得することが必要になる。
ポジションによっては、リングに対面して
ミートシュートを場合とポストのようにターンして
シュートを打たなければならない。

基本的なシュートのフォームを手に入れても、
ボールをもらえなければ、シュートは打てない。
ボールをもらっても、シュートにいけなければいけない。
ただシュートを打っても、入らなければいけない。

課題は次から次にやってくる。
プレー中は、一々考えながらプレーするわけにはいかない。
状況はめまぐるしく変わるのである。
いかに実践的なシュートを練習するかにかかっている。

単純なシュート練習でシュートのスキルを習得し、
実践的なシュート練習で、試合で使えるスキルにする。
それではじめて、シュート力のある選手になることが
できるのである。


↓↓↓よろしければ、クリックお願いします!
にほんブログ村 その他スポーツブログ バスケットボールへ人気ブログランキングへ

2011/05/14 22:12|シュート・スキルTB:0CM:0
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://kikibasket.blog59.fc2.com/tb.php/355-64ec43d4
東日本大震災のお見舞い

東日本大震災で被災された方々に 心よりお見舞い申し上げます。


ナイスシュート

image111.jpg


amazon


amazon DVD


amazon バスケグッズ


Copyright(C) 2008 All Rights Reserved. バスケットのちから~籠球論語~
Powered by FC2ブログ.  JavaScript by LostTechnology. template designed by 遥かなるわらしべ長者への軌跡.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。