バスケットのちから~籠球論語~

バスケットボールの理論・知識・哲学・技術を独自の見解で紹介します。

カテゴリ


プロフィール

kiki

Author:kiki
kiki(キキ)です。
高校時代は能代工業、京北高校、
土浦日大、明大中野高校、等々
東日本の全国区のチームと対戦!
その経験から得たバスケットボール
の見解を紹介します。


ランキング

↓ここをクリック!ランキングアップ!
(にほんブログ村)
にほんブログ村 その他スポーツブログ バスケットボールへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
(人気ブログランキング)

FC2ブログランキング


アクセスカウンター


オンラインカウンター

現在の閲覧者数:


リンク

このブログをリンクに追加する


最新コメント


最新記事


最新トラックバック


検索フォーム


こころの言葉


Google AdSence


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告
バスケットボールはシュートを入れなければ
勝てないゲームです。
いくらドリブルがうまくても、
いくらパスがうまくても、
いくらディフェンスが良くても

シュートが入らなければ勝てません!


シュートを打つためには、
ディフェンスを振り切るスピードでボールをもらう。
ディフェンスを押さえてボールをもらう。
ディフェンスの裏をかいてボールをもらう。

ディフェンスにマークされていても、
フェイントでかわす。
ドリブルで翻弄する。
パスランで破る。

自分の得意なプレーをつくることが大切である。
そしてシュートまでいくこと。

シュートはミートして打つ!

ミートの瞬間にジャンプシュートの選択肢を持つこと!!!

事前に予測することで選択肢を増やす。
自分のリズムでシュートを打つ。
迷わない事でシュートの確率が上がる。
得意なパターンをつくりやすい。
より実践的である。実戦を想定することが前提である。

ミーとシュートはディフェンスが態勢をつくる前に
一瞬早く打てるシュートである。

●迷ってシュートを打っても入らない。
 だから、迷わずに打つ!

●ミート、ストップ、シュートと一連の動きで打つ。
 だから、得意のパターンになる。

●素早い判断と素早い感覚でシュートを打つ。
 だから、ディフェンスが読んでも対応できる。

ディフェンスがブロックを狙ってきたら、
フェイクをいれる。
フェイクをいれたシュートのパターンもつくっておく。

これであなたは、いいシュートを打つことができる。

練習で入るのに試合では入らない。
この差は、スピードにある。
実戦では、よりディフェンスは必死である。
ゆえにプレッシャーはかかりやすい。

日頃の練習から、実践的なスピードで練習しよう!!!




↓↓↓よろしければ、クリックお願いします!
にほんブログ村 その他スポーツブログ バスケットボールへ人気ブログランキングへ


2011/06/15 17:53|シュート・スキルTB:0CM:0
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://kikibasket.blog59.fc2.com/tb.php/357-35d7b1df
東日本大震災のお見舞い

東日本大震災で被災された方々に 心よりお見舞い申し上げます。


ナイスシュート

image111.jpg


amazon


amazon DVD


amazon バスケグッズ


Copyright(C) 2008 All Rights Reserved. バスケットのちから~籠球論語~
Powered by FC2ブログ.  JavaScript by LostTechnology. template designed by 遥かなるわらしべ長者への軌跡.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。