バスケットのちから~籠球論語~

バスケットボールの理論・知識・哲学・技術を独自の見解で紹介します。

カテゴリ


プロフィール

kiki

Author:kiki
kiki(キキ)です。
高校時代は能代工業、京北高校、
土浦日大、明大中野高校、等々
東日本の全国区のチームと対戦!
その経験から得たバスケットボール
の見解を紹介します。


ランキング

↓ここをクリック!ランキングアップ!
(にほんブログ村)
にほんブログ村 その他スポーツブログ バスケットボールへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
(人気ブログランキング)

FC2ブログランキング


アクセスカウンター


オンラインカウンター

現在の閲覧者数:


リンク

このブログをリンクに追加する


最新コメント


最新記事


最新トラックバック


検索フォーム


こころの言葉


Google AdSence


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告
何事ににも「きまり」という約束事が存在する。

ディフェンスにも「ディフェンスのきまり」がある。
それを十分に理解し、自分で応用しながら実行する
ことが大切になる。

それよりもまず、ディフェンスの基本を
習得しなければならない。


●ボールマンに対するプレッシャー

  1. 利き足をボールに向けたボクサースタンスを取る。
    低い姿勢で頭と上体を起こして体重の60%を
    前足に掛ける。腕を曲げて相手の上体に対して
    プレッシャーを掛ける。

  2. すべてのぺネトレートパスに対してボールの方へ
    反応して自分のマークマンにリング方向へカット
    させてはならない。

  3. ボールを下からはじく。もし相手が止まったら
    身体を寄せて動けなくしてしまう。

  4. 幅をもってドリブラーにプレッシャーを掛ける。
    エンドラインのドライブを防ぐ。
    ポストや後ろからのスクリーンに対しては
    必ずリードしていく足と手を押し込んで
    ファイトオーバーする。

  5. リードフット(前足)側への攻撃に対して
    リバースターンからスライドを適切に行う。
    
  6. リバウンドの場合では、フロントターンと
    リバースターン適切に行い、ボックスアウトする。
    オフェンスが後ろ足の方へ飛び込んできそうなら
    フロントピボットを、前足の方へきたら
    リバースピボットでボックスアウトする。

  7. ディフェンスは何よりコミニュケーションが
    大切である。まずは声を出す事が必要である。

●ボールから離れたところのディフェンス

  1. 有効なペネトレートをさせない。

  2. ボール、自分、マークマンというポジションを保ち
    中間視野でボールとマークマンを同時に見る。

  3. マークマンがボールサイドのポストへカットしたら
    よいポジションを取らせない。インサイドへの
    パスをさせてはならない。

  4. マークマンへのクロスコートへのパスを絶対に
    許してはならない。ドリブルに関しては
    コースに入り、チャージングを狙う。

  5. コミニュケーションをとる。声を出す事が大切。


以上が私が考えるディフェンスの基本になる。


↓↓↓よろしければ、クリックお願いします!
にほんブログ村 その他スポーツブログ バスケットボールへ人気ブログランキングへ


   
2011/08/17 18:36|ディフェンススキルTB:0CM:0
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://kikibasket.blog59.fc2.com/tb.php/362-ccdd99ca
東日本大震災のお見舞い

東日本大震災で被災された方々に 心よりお見舞い申し上げます。


ナイスシュート

image111.jpg


amazon


amazon DVD


amazon バスケグッズ


Copyright(C) 2008 All Rights Reserved. バスケットのちから~籠球論語~
Powered by FC2ブログ.  JavaScript by LostTechnology. template designed by 遥かなるわらしべ長者への軌跡.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。