バスケットのちから~籠球論語~

バスケットボールの理論・知識・哲学・技術を独自の見解で紹介します。

カテゴリ


プロフィール

kiki

Author:kiki
kiki(キキ)です。
高校時代は能代工業、京北高校、
土浦日大、明大中野高校、等々
東日本の全国区のチームと対戦!
その経験から得たバスケットボール
の見解を紹介します。


ランキング

↓ここをクリック!ランキングアップ!
(にほんブログ村)
にほんブログ村 その他スポーツブログ バスケットボールへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
(人気ブログランキング)

FC2ブログランキング


アクセスカウンター


オンラインカウンター

現在の閲覧者数:


リンク

このブログをリンクに追加する


最新コメント


最新記事


最新トラックバック


検索フォーム


こころの言葉


Google AdSence


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告
久しく「バスケットのちから~籠球論語~」の更新ができず
申し訳ありませんでした。
楽しみにしていた読者の皆様にお詫びします。

歳を重ね、子供のバスケットに付き合いながら
色々とバスケを通して考えてきました。

バスケットの理論や哲学には、色々な答えがあり
どれが正しいとは言い切れないものです。

しかしながら、自分なりの考えをブログにして
皆様とともに、バスケットボール、そして人生を考えて
いきたいと考えています。


バスケットボールの指導には、理論と哲学と
信念が必要になります。
そして、プレーヤーにもそれは必要ではないかと思うのです。
しかし、プレーヤーの場合、自分の考えを押し通す
頑固なものではいけないと思うのです。

チームスポーツですから、指導者の考えに従わなければなりません。
それにしても自分の考えがなければ、指導者の考えを
より早く理解することはできないでしょう。
何も考えない、考えていない状況では何も理解できないと考えます。


確固たる自分の理論、哲学を信念があってこそ、
指導者のそれらを受け入れられるのではないかと思うのです。
自分の理論、哲学やと信念と違っても正しい答えは
いくらでもあるのです。やってみて、うまくいくこと、
うまくいかないことも多くあります。
うまくいくから正しい。うまくいかないから正しくないとは
必ずしも言い切れないと思います。

個人のスキルの状態、チーム全体のスキルの状態で
できること、できないこは制限されます。
しかし、できなくても、やらなければならないこともあるのです。
今はできなくても、やろうと取り組むことが必要なことが
あると思うのです。


一人の人間が、プレー中におこっている状況を瞬時に
分析し理解できるだろうか、後でビデオで観てはじめて気づくことも
多いのではないでしょうか。

将来に向けて、習得しなければならないこと。
プレーヤーの将来あるべき姿を
指導者とプレーヤーの共通意識としてイメージできていれば
おのずと進むべき道は見えてくるはずです。

バスケット哲学は「バスケが好き」が大前提で
共に成長しあう指導者と選手の元に築かれるものだと考えます。


↓↓↓よろしければ、クリックお願いします!
にほんブログ村 その他スポーツブログ バスケットボールへ人気ブログランキングへ


2011/10/05 12:34|バスケット哲学TB:0CM:0
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://kikibasket.blog59.fc2.com/tb.php/366-617a10a8
東日本大震災のお見舞い

東日本大震災で被災された方々に 心よりお見舞い申し上げます。


ナイスシュート

image111.jpg


amazon


amazon DVD


amazon バスケグッズ


Copyright(C) 2008 All Rights Reserved. バスケットのちから~籠球論語~
Powered by FC2ブログ.  JavaScript by LostTechnology. template designed by 遥かなるわらしべ長者への軌跡.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。