バスケットのちから~籠球論語~

バスケットボールの理論・知識・哲学・技術を独自の見解で紹介します。

カテゴリ


プロフィール

kiki

Author:kiki
kiki(キキ)です。
高校時代は能代工業、京北高校、
土浦日大、明大中野高校、等々
東日本の全国区のチームと対戦!
その経験から得たバスケットボール
の見解を紹介します。


ランキング

↓ここをクリック!ランキングアップ!
(にほんブログ村)
にほんブログ村 その他スポーツブログ バスケットボールへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
(人気ブログランキング)

FC2ブログランキング


アクセスカウンター


オンラインカウンター

現在の閲覧者数:


リンク

このブログをリンクに追加する


最新コメント


最新記事


最新トラックバック


検索フォーム


こころの言葉


Google AdSence


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告
ある程度、シュート技術を習得してくると
ある地点からのシュートには自信があるが
角度が違ってしまうと不安だったり、
距離が短くなるとバックボードを使うか迷ったりする。

そんな時どうすればいいのだろうか?



ある地点からのシュートに自信が持てると言う事は、
シュートの技術は習得できていると言う事である。
少しぐらい角度が違っても自信を持ってシュートする
ようにすればいい。

クリーンシュート(リングにもボードにも当てない)を
狙っているならば、どこからシュートを打っても、
リングを目標にしているのだから、シュートそのものは
何も変わらないのである。
それなのになぜ外れるのか・・・。

心理的な不安が筋肉を硬直させる???
原因はともあれ、心理的な不安がなくなるように
連続してどの角度からも練習する事です。
この時、得意な地点からのシュートの軌跡を
イメージすることが大切です。

バンクシュートは(ボードを使ったシュート)方向を
コントロールするだけでシュートの成功率が上がるので
近距離ではバックシュートした方がいいと考えます。
シュートする位置によってボードの何処に当てればいいか
考えてシュート練習する必要があります。

ただし、正面からの至近距離では、バックシュートは
難しくなります。ボールを高くあげる必要があります。
できれば、少し左右にズレて、ボードを狙った方がいいでしょう。

ゴール下での密集した状況でのシュートは、
スナップだけで打つバンクシュートが有効な場合が多いでしょう。
女子でも近距離は、ワンハンドシュートが必要です。
練習に取り組んでも無駄にはならないと考えます。

シュートは「入る」と思えば入ります。
しかし、試合の緊張した場面でシュートが入らないと、
自信がなくなります。チームメイトに悪い事をしたという
ネカティブな気持ちになりがちです。

緊張した場面ではシュートが落ちる確率が高くなりがちです。
でもリバウンドというリカバリィプレーがあるのです。
怖がらずにシュートして、果敢にリバウンドシュートを
狙いましょう。

リバウンドが取れるようになると、不思議にシュートの確率は
上がってきます。
シュートとリバウンドは密接な連携プレーと言えます。

↓↓↓よろしければ、クリックお願いします!
にほんブログ村 その他スポーツブログ バスケットボールへ人気ブログランキングへ

2011/10/11 18:37|シュート・スキルTB:0CM:0
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://kikibasket.blog59.fc2.com/tb.php/367-a851a3c5
東日本大震災のお見舞い

東日本大震災で被災された方々に 心よりお見舞い申し上げます。


ナイスシュート

image111.jpg


amazon


amazon DVD


amazon バスケグッズ


Copyright(C) 2008 All Rights Reserved. バスケットのちから~籠球論語~
Powered by FC2ブログ.  JavaScript by LostTechnology. template designed by 遥かなるわらしべ長者への軌跡.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。