バスケットのちから~籠球論語~

バスケットボールの理論・知識・哲学・技術を独自の見解で紹介します。

カテゴリ


プロフィール

kiki

Author:kiki
kiki(キキ)です。
高校時代は能代工業、京北高校、
土浦日大、明大中野高校、等々
東日本の全国区のチームと対戦!
その経験から得たバスケットボール
の見解を紹介します。


ランキング

↓ここをクリック!ランキングアップ!
(にほんブログ村)
にほんブログ村 その他スポーツブログ バスケットボールへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
(人気ブログランキング)

FC2ブログランキング


アクセスカウンター


オンラインカウンター

現在の閲覧者数:


リンク

このブログをリンクに追加する


最新コメント


最新記事


最新トラックバック


検索フォーム


こころの言葉


Google AdSence


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告
オフェンスにおいて、ボールを持っていないのは4人。
その4人が何をするべきかを考えなければならない。

まずは誰がパスを受けるべきかを知らなければならない。


これには、「判断」が必要になる。

この判断は、瞬間的な攻防の状態で行われるものであるが、
原則的には、
「ボールより内側にいる」「ボールのとなりにいる」
「ボールに対していい角度でミートできる」という状況が
パスを受ける条件になる。

この条件と状況を考慮して、正しい判断でプレーできるように
練習と指導を実践しなければならない。

ここに、チームプレー、チームワークという新たな武器が
必要になってくる。

つまり、ボールを持つ者とそれ以外のボールを持たない4人が
お互いに協力してプレーすることが求められるが、
判断と意識が低くなると、この5人が邪魔しあう関係になる。

攻撃的なパス、つまり相手のディフェンスを崩すパスか、
または、シュートに結びつくパスでなければ、パスの意味はない。

「次にパスを受けるプレーヤー」の動きは、
「ボールの方向へのミートする動き」または、
「ディフェンスを出し抜く動き」のどちらかでなければいけない。

そして、それよりも大切な事は、ボールの方向へミートしたときに
ディフェンスによってその動きを阻止されたときには、
ただちに、ディフェンスを出し抜く動きに転換しなければならない。

この動きの繰り返しになるのではあるが、基本的な動きの考え方は
ディフェンスの「逆をつく」という動きになるとだろう。


↓↓↓よろしければ、クリックお願いします!
にほんブログ村 その他スポーツブログ バスケットボールへ人気ブログランキングへ



2011/10/24 18:46|オフェンススキルTB:0CM:0
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://kikibasket.blog59.fc2.com/tb.php/369-63747719
東日本大震災のお見舞い

東日本大震災で被災された方々に 心よりお見舞い申し上げます。


ナイスシュート

image111.jpg


amazon


amazon DVD


amazon バスケグッズ


Copyright(C) 2008 All Rights Reserved. バスケットのちから~籠球論語~
Powered by FC2ブログ.  JavaScript by LostTechnology. template designed by 遥かなるわらしべ長者への軌跡.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。