バスケットのちから~籠球論語~

バスケットボールの理論・知識・哲学・技術を独自の見解で紹介します。

カテゴリ


プロフィール

kiki

Author:kiki
kiki(キキ)です。
高校時代は能代工業、京北高校、
土浦日大、明大中野高校、等々
東日本の全国区のチームと対戦!
その経験から得たバスケットボール
の見解を紹介します。


ランキング

↓ここをクリック!ランキングアップ!
(にほんブログ村)
にほんブログ村 その他スポーツブログ バスケットボールへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
(人気ブログランキング)

FC2ブログランキング


アクセスカウンター


オンラインカウンター

現在の閲覧者数:


リンク

このブログをリンクに追加する


最新コメント


最新記事


最新トラックバック


検索フォーム


こころの言葉


Google AdSence


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告

パスの効力

パスの効力

バスケットボールは、突き詰めるとシンプルになる。
これが私の持論である。

バスケットボールの得点力を上げるためには、いかに早く
ボールを運ぶかにある。





それには、ドリブルよりもパスの方が速く攻めることにつながる。
しかし、パスには「パスする側」と「もらう側」がいて成立する。
パスの難しさはここにある。

しかし、パスは「早く攻める」だけでなく、「相手を抜いたり」
「相手の逆をついたり」「すぐにシュート」に結びついたりする。
パスが難しいとともに、パスを連続して成功させることで
パスだけでシュートまでいけたら、相手にとって嫌な攻撃である。

パスする時に、レシーバーだけ見ていては必ず失敗する。
自分のディフェンスを見ること。そして、レシーバーはもちろん
レシーバーのディフェンスも見ること。だけでは不十分だと考える。
自分のマークマン以外の8人のプレーヤーがコート上でどのような
状況にあるかを見る必要があるのである。
この状況を一瞬で見て、状況判断しなければならないのである。

パスには、「空間の感覚」と「時間の感覚」が必要になる。
「空間の感覚」はスペースの感覚であり、「時間の感覚」は
タイミングの感覚である。

「空間(スペース)」の感覚で大切なのは、それがいつできる
のかということである。それはボールを持たない味方が
ディフェンスを振り切ったときやオフェンスやディフェンスの
誰かが動いたときや、パスがはいってディフェンスかオフェンスの
位置がズレたときが考えられる。

「空間(スペース)」の感覚は一人では練習できない。
パスする側とパスを受ける側のどちらも感覚を磨かなければ
ならないだろう。


「時間(タイミング)」の間を作るには、パスフェイクやパス
以外のプレーをすると見せかけるからのパスが効果的である。
シュートを狙ってのパス、ドリブルで抜きかけてのパスなどである。

パスは「早く」「強く」が基本である。しかし、受ける側が
それによって「キャッチ」できなければ、意味がないのである。
パスが通るのであれば、少し遅くても弱くてもいいと考える。
つまり、パスを通すだけでなく、受けられなければならない。

味方が動く距離やスピードとパスのスピードと距離を考えて
よりいいパスを出すことをこころがけよう。

パスを攻撃的でなければならないが、パスでは得点は入らない。
パスがいいプレーの選択肢と過信すると、パスしか狙わなくなる。
パスしか狙わないオフェンスは何も怖くなくなる。

自分が攻める。という姿勢がなければ、いいパスは成功しない。



↓↓↓よろしければ、クリックお願いします!
にほんブログ村 その他スポーツブログ バスケットボールへ人気ブログランキングへ



2011/11/20 22:22|パス・スキルTB:0CM:0
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://kikibasket.blog59.fc2.com/tb.php/373-ecb69106
東日本大震災のお見舞い

東日本大震災で被災された方々に 心よりお見舞い申し上げます。


ナイスシュート

image111.jpg


amazon


amazon DVD


amazon バスケグッズ


Copyright(C) 2008 All Rights Reserved. バスケットのちから~籠球論語~
Powered by FC2ブログ.  JavaScript by LostTechnology. template designed by 遥かなるわらしべ長者への軌跡.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。