バスケットのちから~籠球論語~

バスケットボールの理論・知識・哲学・技術を独自の見解で紹介します。

カテゴリ


プロフィール

kiki

Author:kiki
kiki(キキ)です。
高校時代は能代工業、京北高校、
土浦日大、明大中野高校、等々
東日本の全国区のチームと対戦!
その経験から得たバスケットボール
の見解を紹介します。


ランキング

↓ここをクリック!ランキングアップ!
(にほんブログ村)
にほんブログ村 その他スポーツブログ バスケットボールへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
(人気ブログランキング)

FC2ブログランキング


アクセスカウンター


オンラインカウンター

現在の閲覧者数:


リンク

このブログをリンクに追加する


最新コメント


最新記事


最新トラックバック


検索フォーム


こころの言葉


Google AdSence


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告

予測

プレーを予測することは、慣れれば簡単にできます。
慣れるまでが難しいのです。
それには、試合を目的をもって観ることです。

これから、ウインターカップがはじまります。
ぜひ、ビデオに録画して観てください。

目的をもって・・・・・


●プレイを予測する

自分がプレイしていないときに、他のチームメイトが、
次にどのようなプレイをするかを感じなければなりません。

しかし、感じるには情報が必要です。
そして、意識してシュチエーションを経験することが重要です。

練習でも、試合でも、テレビ観戦でも
プレーを見るときに、ボールを持った選手と周りの選手が
なにをやろうとしているのかを考えて、その答えを
見極めなければならないのです。


たとえば、パスをするときには、パスする方向を見ます。
レシーバーが合わせて動き、プレーが展開していく時の
コミニュケーションを「アイコンタクト」と言います。

プレー中にディフェンスしている時にボールを持った相手の目を見て
シュートなのか、パスなのか、ドリブルなのかを読んでください。
はじめは、対応が遅くなることがありますが、めげずに取組みましょう。

さらに言えば、この予測するクセを常に頭においてください。
その意識付けが、自然に予測する能力を上げてくれます。

たとえば、指導者が「こういう練習をしよう!」と指示したときに、
指導者が求めている目的があるはずなのです。
指導者がしてほしいことを読むことができれば、たとえできなくても
やろうとする姿勢が見えることになります。

そして、短い時間で練習の目的を達成できるはずです。
そうすれば、次の練習、次のステップに繋がります。

プレイを予測するとは、言い換えれば
「次に相手が何をしたいのか、してほいいのかを把握する」ことです。

まずは続けることです。そうすればいつかは
相手のプレイを「あ、こっちだ」「あ、絶対こっちだ」と
「感じることができるようになります」

本当におもしろいくらい読めるようになります。

予測ができるようになれば、オフェンスの時に
相手の逆を攻めたり、相手が嫌だと思うプレーが
できるようになります。

相手にとって「嫌だな」と思わせることができる選手こそ
すばらしい選手なのではないでしょうか。


↓↓↓よろしければ、クリックお願いします!
にほんブログ村 その他スポーツブログ バスケットボールへ人気ブログランキングへ

2011/12/16 12:34|バスケット上達法TB:0CM:0
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://kikibasket.blog59.fc2.com/tb.php/376-5e6cbadf
東日本大震災のお見舞い

東日本大震災で被災された方々に 心よりお見舞い申し上げます。


ナイスシュート

image111.jpg


amazon


amazon DVD


amazon バスケグッズ


Copyright(C) 2008 All Rights Reserved. バスケットのちから~籠球論語~
Powered by FC2ブログ.  JavaScript by LostTechnology. template designed by 遥かなるわらしべ長者への軌跡.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。