バスケットのちから~籠球論語~

バスケットボールの理論・知識・哲学・技術を独自の見解で紹介します。

カテゴリ


プロフィール

kiki

Author:kiki
kiki(キキ)です。
高校時代は能代工業、京北高校、
土浦日大、明大中野高校、等々
東日本の全国区のチームと対戦!
その経験から得たバスケットボール
の見解を紹介します。


ランキング

↓ここをクリック!ランキングアップ!
(にほんブログ村)
にほんブログ村 その他スポーツブログ バスケットボールへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
(人気ブログランキング)

FC2ブログランキング


アクセスカウンター


オンラインカウンター

現在の閲覧者数:


リンク

このブログをリンクに追加する


最新コメント


最新記事


最新トラックバック


検索フォーム


こころの言葉


Google AdSence


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告
ディフェンスを考えたときに

どの状況において、どのようにディフェンスするかを

分析しなければならない。

そして考えれば、おのずと結論は浮かんでくる。


▲ スピードある走りながらのワンハンド
  
  シュートをどのようにディフェンスするか?

▲ ステップイン、ステップアウトの防ぎ方を
 
  どのようにするか

▲ ランニングジャンプシュートをどのように

  防ぐのか?

▲ ドリブルストップからのジャンプシュートを

  どのように防ぐのか?

まずは、いかにシュート防ぐべくディフェンスすべきかを

考える必要があると考えるのである。

その答えは実に簡単である。

「オフェンスの技術を上回ったディフェンス技術を身につける。」

ということになる。

さて、力が均衡した相手との試合に限らず、相手が格下でも

時にロースコアのゲーム展開になる場合がある。

そんな時に、試合の分析をしてみると、ディフェンスのポイントが

見えてくるように感じる。その分析方法は・・・


● シュートは何本打たれたのか?

● 相手がプレーをセットアップするのにどのくらい時間が要したか?

● ボールはコントロールされていたのか?

● 相手の楽々とプレーさせない戦略を採用したか?

この答えこそ、相手をロースコアに抑えるためのヒントになるだろう。

ディフェンスのプレーは、勝利するために大切であり、

重要なポイントと位置づけて、練習する必要があると考える。

ディフェンスというものは、オフェンスのように束の間のものではない。

オフェンスがうまくいかない時でも、ディフェンスが安定していれば

試合の流れを呼び込むことはできる。

それに比べて、ディフェンスがよくないチームは、

ひとたびシュートが入らなくなれば、試合をつくることは難しくなる。

戦ううえでは、「オフェンスが調子悪くても、必ずや

ディフェンスがチームを救ってくれる。」と私は信じている。



次回にディフェンスの原則について考えてみたい。


冬の期間には、筋トレや走り込みで基礎体力つくるとともに

ディフェンス力の強化にも取り組みたいものである。



↓↓↓よろしければ、クリックお願いします!
にほんブログ村 その他スポーツブログ バスケットボールへ人気ブログランキングへ


2012/01/07 19:09|ディフェンススキルTB:0CM:0
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://kikibasket.blog59.fc2.com/tb.php/379-b49a1c2e
東日本大震災のお見舞い

東日本大震災で被災された方々に 心よりお見舞い申し上げます。


ナイスシュート

image111.jpg


amazon


amazon DVD


amazon バスケグッズ


Copyright(C) 2008 All Rights Reserved. バスケットのちから~籠球論語~
Powered by FC2ブログ.  JavaScript by LostTechnology. template designed by 遥かなるわらしべ長者への軌跡.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。