バスケットのちから~籠球論語~

バスケットボールの理論・知識・哲学・技術を独自の見解で紹介します。

カテゴリ


プロフィール

kiki

Author:kiki
kiki(キキ)です。
高校時代は能代工業、京北高校、
土浦日大、明大中野高校、等々
東日本の全国区のチームと対戦!
その経験から得たバスケットボール
の見解を紹介します。


ランキング

↓ここをクリック!ランキングアップ!
(にほんブログ村)
にほんブログ村 その他スポーツブログ バスケットボールへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
(人気ブログランキング)

FC2ブログランキング


アクセスカウンター


オンラインカウンター

現在の閲覧者数:


リンク

このブログをリンクに追加する


最新コメント


最新記事


最新トラックバック


検索フォーム


こころの言葉


Google AdSence


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告
パスかドリブルかの判断をうまくできず
ミスにつながることが多いものです。

攻撃の最終目標は、よりよいシュートを打つこと。
そのよりよいシュートのチャンスをつくるために
ボールを運ぶ手段が、パスとドリブルになります。


よりよいシュートチャンスとは、
究極のアウトナンバーである一対○になることです。

試合中にこのチャンスをつくる機会は、
少なからずできるはずです。
しかし、パスとドリブルの判断を誤ったばかりに
攻めきれない攻撃になることが多いものです。

自分がボールを持った状況で、味方の位置と
ディフェンスの位置関係のバランスは多種多様です。
このような状況でパスやドリブルを判断しなければなりません。

判断の良し悪しによる成功、不成功の結果がでますが、
刻一刻と状況が変わることから、時間的に遅い場合にも
不成功になることが多いものです。

また、パスを受けた状況ではチャンスと言えなくても
パスを受けた瞬間にドリブルでしかけることで、
簡単にディフェンスやぶることができる場合もあります。

まずは、味方同士の位置関係をどうつくれば、
その後の展開が、チャンスとなる状況をしることが重要です。

ドリブルは基本的にドリブルすることで、シュートに直結する
場合をねらうべきです。

しかし、ドリブルでギャップをつくることで、よりよりパスが
できるのであれば、ドリブルしてもいいでしょう。
その場合は、アシストパスでなければ意味がありません。

一番いけないのは、パスかドリブルかを迷った挙句に
何の目的もなくパスやドリブルを選択してミスすることです。

まずは、思いっきりプレーすることを進めます。
そして、練習では、より多くの失敗することを進めます。
無難なプレーでチャンスをつくれないことは、
ミスしなくても意味の無い事です。
失敗は、次に成功させれば経験値をアップさせたと思うべきです。
失敗しっぱなしでは、ただのミスでしかありません。

自分の得意な状況やプレーをつくりだしましょう。
これこそがバスケットボールの楽しさの原点です。




↓↓↓よろしければ、クリックお願いします!
にほんブログ村 その他スポーツブログ バスケットボールへ人気ブログランキングへ

2012/02/19 19:30|オフェンススキルTB:0CM:0
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://kikibasket.blog59.fc2.com/tb.php/386-5642ba0e
東日本大震災のお見舞い

東日本大震災で被災された方々に 心よりお見舞い申し上げます。


ナイスシュート

image111.jpg


amazon


amazon DVD


amazon バスケグッズ


Copyright(C) 2008 All Rights Reserved. バスケットのちから~籠球論語~
Powered by FC2ブログ.  JavaScript by LostTechnology. template designed by 遥かなるわらしべ長者への軌跡.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。