バスケットのちから~籠球論語~

バスケットボールの理論・知識・哲学・技術を独自の見解で紹介します。

カテゴリ


プロフィール

kiki

Author:kiki
kiki(キキ)です。
高校時代は能代工業、京北高校、
土浦日大、明大中野高校、等々
東日本の全国区のチームと対戦!
その経験から得たバスケットボール
の見解を紹介します。


ランキング

↓ここをクリック!ランキングアップ!
(にほんブログ村)
にほんブログ村 その他スポーツブログ バスケットボールへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
(人気ブログランキング)

FC2ブログランキング


アクセスカウンター


オンラインカウンター

現在の閲覧者数:


リンク

このブログをリンクに追加する


最新コメント


最新記事


最新トラックバック


検索フォーム


こころの言葉


Google AdSence


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告
インサイドを攻めるために

「ゴール下を制するものは、ゲームを制する」というのは決して
昔の格言ではない。




 いかに3ポイントシュートでシュート技術が発達したとはいえ
すべてのアウトサイドのシュートが入るわけではない。力の切迫した
チーム同士の戦いでは、やはり長身者の安定したインサイドプレーが
勝利の鍵となる。

【ボールの保持】

 インサイドでは、狭いエリアに敵味方が入り乱れる。シュートを
打つためには、高い所でボールを保持することが必要である。
 これは、インサイドプレーヤーであろうと、ドライブで攻める
ガードであろうとオフェンスリバウンドに飛び込むフォワードで
あろうと、つまりどんなポジションの選手でも、インサイドでは
ボールを高い位置で保持することが必要である。

【ペイントエリアの考察】

3秒ルールはペイントエリアに3秒とどまっていると適応される
ルールである。しかし、このペイントエリアと呼ばれるエリアで
すべてが3秒ルールに当てはまるわけではない。そのことを知って
いなければ、3秒ルールだけを恐れてしまい、いいプレーができない。

 ①ペイントエリアから出ようとしているとき。

 ②その選手、または味方がシュート動作中でボールが手から
  離れようとしているとき。
  すなわち、味方または自分がボールを保持していないときは
  3秒ルールは適応されない。

 ③3秒ならないうちにペイントエリアの選手がシュートするために
  ドリブルしているとき。

 ルールを考察すると、オフェンスにおいての3秒ルールの解釈が
大きく変わり、以外にもペイントエリアにとどまることができることが
理解できる。

【ボディコンタクトを怖がらない】

 インサイドにおいての、ポジション争いは格闘技に近いと考える。
ボールはたったひとつしかない。リングに向かって5人で攻めるとき
おのずと、ディフェンス5人も近い位置に寄ってくる。
 ルールでは、体の接触は禁止されている。しかし、プレー中には
体の接触はつきまとう。選手は体の接触をさけるべく努力をしなければ
ならないと考えるが、体の接触を恐れて逃げてはいけない。
 逃げ回っては、インサイドでのプレーはできないの現実である。

【リングを背にボールもらうゆえのプレー】

 ポストプレーを考えたときに、リングや相手を背にした状態で
プレーしなければならない。それには、ピボットターンの技術が
必要であり、狭いエリアでのプレーであることから、ディフェンスに
干渉されやすい状況がうまれる。
その状況でシュートを打つには、クイックネスやフェイク、独自の
ステップなどのプレーが要求される。
 このような状況でのプレーが好きで得意にならなければ、真の
ポストマンにはなれないであろう。



↓↓↓よろしければ、クリックお願いします!
にほんブログ村 その他スポーツブログ バスケットボールへ人気ブログランキングへ
2012/04/26 17:54|オフェンススキルTB:1CM:0
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://kikibasket.blog59.fc2.com/tb.php/395-e911b427
インサイドを攻めるために「ゴール下を制するものは、ゲームを制する」というのは決して昔の格言ではない。
まとめwoネタ速neo 2012/05/13(日) 06:37
東日本大震災のお見舞い

東日本大震災で被災された方々に 心よりお見舞い申し上げます。


ナイスシュート

image111.jpg


amazon


amazon DVD


amazon バスケグッズ


Copyright(C) 2008 All Rights Reserved. バスケットのちから~籠球論語~
Powered by FC2ブログ.  JavaScript by LostTechnology. template designed by 遥かなるわらしべ長者への軌跡.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。