バスケットのちから~籠球論語~

バスケットボールの理論・知識・哲学・技術を独自の見解で紹介します。

カテゴリ


プロフィール

kiki

Author:kiki
kiki(キキ)です。
高校時代は能代工業、京北高校、
土浦日大、明大中野高校、等々
東日本の全国区のチームと対戦!
その経験から得たバスケットボール
の見解を紹介します。


ランキング

↓ここをクリック!ランキングアップ!
(にほんブログ村)
にほんブログ村 その他スポーツブログ バスケットボールへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
(人気ブログランキング)

FC2ブログランキング


アクセスカウンター


オンラインカウンター

現在の閲覧者数:


リンク

このブログをリンクに追加する


最新コメント


最新記事


最新トラックバック


検索フォーム


こころの言葉


Google AdSence


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告
●その戦術は本当に役立つのだろうか?

最近は、バスケットボールの書籍と言えば、必ずDVDが付いてくる
書籍だけのものでも、写真入りで明確でわかりやすい。
しかし、どれもこれも同じ内容のように感じてしまう。



色々な書籍を読んで情報を収集することは、バスケットボールをうまく
ありたいプレーヤーでもチームを指導している指導者でも必要なことで
あると感じている。
しかし、特に指導者の場合、読んですぐにその戦術やドリルを取り入れ
練習をすることは、危険であるとも感じている。

情報は蓄積し、自らの経験と知識によって養生する時間が必要ではないか
と考えるのである。他人が発見、開発したことを取り入れることによって
自らの手間を省き指導することは効率的であるとも考えられます。

問題は、情報から得た知識は実際に役立ててこそ、その価値があるのです
その戦術やドリルを取り入れることによって、チームに迷いが生じたり
必要以上に選手への負担が増えることになったり、今まで築いてきた
ものを崩壊させるようでは意味がありません。

小さい選手しかいないチームで、ポストプレーやインサイドの戦術の
練習をしても意味がないとは言いませんが、チーム事情には適して
いないと誰もが感じるはずです。

人は未知の知識にふれると、誰かに披露したくなるものです。
他の人が知らないことを知っているという優越感にひたりたくなるのです
間違っていけないのは、知らないものに知識を教えることが目的に
なってはいけないのです。

自分のチームに新しい戦術を取り入れる時、大切なのは自分たちが
実践するその戦術が本当に役立つものであるかということを常に
検証して、修正していかなければなりません。
選手は新しい戦術をテストするためのものではありません。

指導者は常に選手を観察しなければなりません。
自分の指導したことが、選手の為、チームの為に有効であるかを
探りながら、指導のポイントを開発しなければなりません。
他人の知識を頼ることも必要だけれども、できれば自分のオリジナルの
戦術の開発も必要であると考えます。


↓↓↓よろしければ、クリックお願いします!
にほんブログ村 その他スポーツブログ バスケットボールへ人気ブログランキングへ


2012/06/04 20:24|指導論TB:1CM:0
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://kikibasket.blog59.fc2.com/tb.php/398-75b1ebf0
●その戦術は本当に役立つのだろうか?最近は、バスケットボールの書籍と言えば、必ずDVDが付いてくる書籍だけのものでも、写真入りで明確でわかりやすい。しかし、どれもこれも同じ内容のように感じてしまう。
まとめwoネタ速neo 2012/06/08(金) 04:16
東日本大震災のお見舞い

東日本大震災で被災された方々に 心よりお見舞い申し上げます。


ナイスシュート

image111.jpg


amazon


amazon DVD


amazon バスケグッズ


Copyright(C) 2008 All Rights Reserved. バスケットのちから~籠球論語~
Powered by FC2ブログ.  JavaScript by LostTechnology. template designed by 遥かなるわらしべ長者への軌跡.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。