バスケットのちから~籠球論語~

バスケットボールの理論・知識・哲学・技術を独自の見解で紹介します。

カテゴリ


プロフィール

kiki

Author:kiki
kiki(キキ)です。
高校時代は能代工業、京北高校、
土浦日大、明大中野高校、等々
東日本の全国区のチームと対戦!
その経験から得たバスケットボール
の見解を紹介します。


ランキング

↓ここをクリック!ランキングアップ!
(にほんブログ村)
にほんブログ村 その他スポーツブログ バスケットボールへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
(人気ブログランキング)

FC2ブログランキング


アクセスカウンター


オンラインカウンター

現在の閲覧者数:


リンク

このブログをリンクに追加する


最新コメント


最新記事


最新トラックバック


検索フォーム


こころの言葉


Google AdSence


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告
● シュートの感覚の技術

 もっとも必要で重要な技術がシュートであると考えます。
特に、3ポイントシュートについて考えなければなりません。
色々な考え方があって当然です。
 3ポイントに頼ってはいけませんが、有効な武器にすべきです。




 3ポイントシュートは誰でも打てる、打っていいシュートでは
ないと考えます。私自身、3ポイントシュートは打つことがありません。
 3ポイントシュートの感覚で大切なのは、フリースローのように
打てるということです。
 フリースローのようにとは、不必要な力が入らないで、リングに
届くシュートでなければならないということです。

 力んで精一杯で打ってもなかなかシュートは入るものではありません。
例え入いったとしても、確率は高くありません。

 話は少し変わりますが、私の得意なシュートの距離はミドルです。
長身でありながら、ゴール下のシュート苦手でした。
 私は、ゴール下の距離ないシュートを力を抜くことで、距離を
合わせようとしていました。それでは、ノーカン(距離が合わない)
シュートになることが、多かったと思います。

 あるときから、ゴール下のシュートはジャンプの頂点から少し
落ちだしたタイミングで力んで打つようにしました。
 感覚的のことなのでうまく伝わるかどうかわかりませんが、
息を止めて、力んでシュートを打つことで、逆に距離合わせが
うまくできるようになったのです。

 シュートにいたるまでのプレーでは、柔らかくプレーしなければ
うまくシュートまでいかないでしょう。でも、シュートをリリース
する瞬間に力むのです。この方法が正しいかはわかりませんが・・・

 さて、シュートの距離を伸ばすには、力まないことであると
考えます。私のようにシュートリリースの時に力む習慣があると
持論では距離は伸びません。
 体の小さい選手が3ポイントシューターになれるのは、体の使い方
さえ間違えなければ、正しい練習をくりかえせば、可能だと考えます。

 力を入れずにシュートを打つには、ボールハンドリング力と、手首の
柔らかさ、股関節と肩甲骨の柔らかさ、そして脚力の強さです。
 ロングシューター目指すのならば、この部分を鍛えるというか、
柔らかく強化することが大切でしょう。

 学生の皆さん。シュートは感覚の技術です。
 筋トレとともに柔軟性が必要です。ストレッチというトレーニングが
必要であると考えます。これは自宅でもできることです。
 部活が、学校の授業と同じならば、自宅学習が自宅練習となります。
自宅学習は必ずやらなければ授業についていけません。
 そう考えると、部活においても、自宅練習は必要不可欠です。

 シュートは自己責任の技術でもあります。自分で考え、自分で感じ、
自分で習得していきましょう。


↓↓↓よろしければ、クリックお願いします!
にほんブログ村 その他スポーツブログ バスケットボールへ人気ブログランキングへ

2012/07/08 22:50|シュート・スキルTB:1CM:0
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://kikibasket.blog59.fc2.com/tb.php/401-e21b929c
● シュートの感覚の技術 もっとも必要で重要な技術がシュートであると考えます。特に、3ポイントシュートについて考えなければなりません。色々な考え方があって当然です。 3...
まとめwoネタ速neo 2012/07/12(木) 07:46
東日本大震災のお見舞い

東日本大震災で被災された方々に 心よりお見舞い申し上げます。


ナイスシュート

image111.jpg


amazon


amazon DVD


amazon バスケグッズ


Copyright(C) 2008 All Rights Reserved. バスケットのちから~籠球論語~
Powered by FC2ブログ.  JavaScript by LostTechnology. template designed by 遥かなるわらしべ長者への軌跡.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。