バスケットのちから~籠球論語~

バスケットボールの理論・知識・哲学・技術を独自の見解で紹介します。

カテゴリ


プロフィール

kiki

Author:kiki
kiki(キキ)です。
高校時代は能代工業、京北高校、
土浦日大、明大中野高校、等々
東日本の全国区のチームと対戦!
その経験から得たバスケットボール
の見解を紹介します。


ランキング

↓ここをクリック!ランキングアップ!
(にほんブログ村)
にほんブログ村 その他スポーツブログ バスケットボールへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
(人気ブログランキング)

FC2ブログランキング


アクセスカウンター


オンラインカウンター

現在の閲覧者数:


リンク

このブログをリンクに追加する


最新コメント


最新記事


最新トラックバック


検索フォーム


こころの言葉


Google AdSence


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告
● ポジション論 ~センター編~

 センターは身長が高くパワフルなイメージが強いだろう。
 そんなビックセンターがインサイドで頑張り、ワン・オン・ワンを
攻めきり得点を重ねていく。または攻撃の起点となりパスをさばく



 センターのポストプレーはバスケットボールにおいて大切なプレー
であるが、走るセンター、ドライブを仕掛けるセンター、アウトサイド
から打てるセンターとスタイルは多様化している。

 ゴール下の圧倒的な強さをもったセンターはチームに必要な要素で
あることに変わりがないが、ランニング力を持ったセンターが
ディフェンスリバウンドを取って、速攻で走ることで得点にからむ
ランニングセンターも魅力的である。

 センターに求められるプレーは、力強いゴール下のプレーである。
 相手がブロックにきても動じることなく、はねのけてシュートを
決められる力がほしい。

 そして、徹底的に練習してほしいのが、フリースローである。
相手がファール覚悟でシュートを止めにくることが考えられる。その時
フリースローが入らなければ、相手の思う壺である。しかし、フリー
スローが入れば、相手の気持ちを打ち砕くとともに、ファールしにくく
なることで、シュートが決めやすくなるはずである。

 センターにとってもうひとつ重要なプレーはリバウンドである。
ディフェンスリバウンドをとったら、正確にアウトレットパスして
ファーストブレイクにつなげることが大切である。
 ここで、相手はパスさせないようにプレッシャーをかけてくるが
ドリブルで抜いてパスを出せるようにしたい。

 オフェンスリバウンドは、勇気を持って飛び込んで取りにいきたい。
 オフェンスリバウンドを取って、得点につなげることは味方にとって
大きな信頼を得ることができるだろう。

 センターのプレーにとって、必要な技術はピボットである。ピボット
を有効に使って、シュートにもっていったり、相手をかわしてパス
したりと有効な技術である。特にポストプレーではリングを背にして
ボールをもらうことが多くなる。リングに正対してシュートを狙うには
ピボットは必要不可欠である。

 センターは「ただ背が高いだけ」で抜擢されることが多い。でも
それでいいじゃないか。多きことを活かす為に、努力できるのがセンター
として必要な要素ではないだろうか。



↓↓↓よろしければ、クリックお願いします!
にほんブログ村 その他スポーツブログ バスケットボールへ人気ブログランキングへ

2012/09/03 12:11|技術理論TB:0CM:0
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://kikibasket.blog59.fc2.com/tb.php/405-7925077a
東日本大震災のお見舞い

東日本大震災で被災された方々に 心よりお見舞い申し上げます。


ナイスシュート

image111.jpg


amazon


amazon DVD


amazon バスケグッズ


Copyright(C) 2008 All Rights Reserved. バスケットのちから~籠球論語~
Powered by FC2ブログ.  JavaScript by LostTechnology. template designed by 遥かなるわらしべ長者への軌跡.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。