バスケットのちから~籠球論語~

バスケットボールの理論・知識・哲学・技術を独自の見解で紹介します。

カテゴリ


プロフィール

kiki

Author:kiki
kiki(キキ)です。
高校時代は能代工業、京北高校、
土浦日大、明大中野高校、等々
東日本の全国区のチームと対戦!
その経験から得たバスケットボール
の見解を紹介します。


ランキング

↓ここをクリック!ランキングアップ!
(にほんブログ村)
にほんブログ村 その他スポーツブログ バスケットボールへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
(人気ブログランキング)

FC2ブログランキング


アクセスカウンター


オンラインカウンター

現在の閲覧者数:


リンク

このブログをリンクに追加する


最新コメント


最新記事


最新トラックバック


検索フォーム


こころの言葉


Google AdSence


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告
● ジャンプシュートをフォーム作って「決める」

 シュートはキャッチから始まる。
 ボールをもらうための動きと準備は大切です。





 

ボールをもらう前に、相手のディフェンスをよく見ることが大切です。
 相手はボールを見えいるのか、それとも自分を見ているのか。
 どういうポジションを取って、何を予測して何を狙っているのか。

 それを加味して、どこでどのようにパスをもらうかを判断します。

 パスを受けシュートにもっていくためには、キャッチは重要です。
 まず、ボールを良く見て最後まで目を離さないのが基本です。
 そして、キャッチミスがないことが重要です。

 パスを受けた瞬間は、重心を下げ適度に腰を落として、シュートに
限定することなく、シュート、パス、ドリブルのどれもが出来るような
姿勢をとることが大切です。俗にいう、「トリプルスレット」の姿勢です。

 バランスのいいシュートは、安定した下半身が基礎になります。
 腰が高く上体がふらふらしていては、バランスのいいシュートには
なりません。

 それから、ジャンプシュートになりますから、真っすぐ上にジャンプ
するためには、構えた時のバランスの良さが大切です。

 シュートの際のボールの軌道はいつも同じでなければなりません。
それにはボールの持ち方が大切であると考えましょう。
ボールと手のひらが付いているようでは、いけません。指の上に
乗っかっているような状態です。

 その次に大切なのは肘の使い方です。
 腕が上にいくように肘を伸ばすことが大切なのです。
 肘が前の方に伸びるとボールの軌道は低くなります。

その他には、ボールの逆スピンの回転です。これはボールを正しく
持っていること、そして、リリースする時の指先の使い方で良くなります。

 シュートのフォームを正しくバランスのいいものにするには、体幹の
良さが必要です。腹筋、背筋、等の体の軸を安定させるための筋肉の
強化が必要でしょう。

 いいフォームは鍛えられた身体から生まれるものです。



↓↓↓よろしければ、クリックお願いします!
にほんブログ村 その他スポーツブログ バスケットボールへ人気ブログランキングへ



2012/09/21 12:15|シュート・スキルTB:0CM:0
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://kikibasket.blog59.fc2.com/tb.php/407-ea9ac4bf
東日本大震災のお見舞い

東日本大震災で被災された方々に 心よりお見舞い申し上げます。


ナイスシュート

image111.jpg


amazon


amazon DVD


amazon バスケグッズ


Copyright(C) 2008 All Rights Reserved. バスケットのちから~籠球論語~
Powered by FC2ブログ.  JavaScript by LostTechnology. template designed by 遥かなるわらしべ長者への軌跡.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。