バスケットのちから~籠球論語~

バスケットボールの理論・知識・哲学・技術を独自の見解で紹介します。

カテゴリ


プロフィール

kiki

Author:kiki
kiki(キキ)です。
高校時代は能代工業、京北高校、
土浦日大、明大中野高校、等々
東日本の全国区のチームと対戦!
その経験から得たバスケットボール
の見解を紹介します。


ランキング

↓ここをクリック!ランキングアップ!
(にほんブログ村)
にほんブログ村 その他スポーツブログ バスケットボールへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
(人気ブログランキング)

FC2ブログランキング


アクセスカウンター


オンラインカウンター

現在の閲覧者数:


リンク

このブログをリンクに追加する


最新コメント


最新記事


最新トラックバック


検索フォーム


こころの言葉


Google AdSence


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告
バスケットの練習では、自分の順番まで

見ている時間がある。




怪我などで見学ともなれば、見ている時間は

もっと長くなり、バスケットを学ぶチャンスと言える。

バスケットでは技術の他に「ビジョン」「判断」「気づき」

といった技術以外の部分も重要である。

それらは人のプレーを見ることで学ぶことができる。

なぜ、そのプレーがうまくいくのか?

なぜ、そのプレーがうまくいかないのか?

理由や原因が必ずある。

そのプレーの状況や判断が適切かいなかで

プレーの結果が決まると言ってよい。

例えば、ディフェンスが意欲的で、スチールの

うまい選手がいたとする。

なぜ、スチールができるのか、理由がある。

そのプレーヤーは、相手のどこをみているのか?

ポジション取りはどうか?ビジョンの取り方は?

どのタイミングで動きだすのか?姿勢は?

相手の目やボールの位置を見て

パスすることを読んでいる。

ボールが視野に常にある為、パスが見える。

パスカットを狙える位置取りをしている。

スチールできるかできないか、とっさに判断している。

例えば、あるプレーヤーがパスカットされたとする。

その原因は必ずある。

パスの出処がいつも同じである。パスの種類が同じである。

パスのリズムがいつも同じである。

意味もなくドリブルをしてしまっている。

シュートを狙っていない。パスする味方を捜している。

結果パスが読まれている。

オフェンスでは、相手の裏をつくプレーを目指すべきである。

ディフェンスでは相手のプレーを読むことでおさえることができる。

バスケットの駆け引きは常にコートの上で行われている。

シュートの入るプレーヤーがいるとする。

そのプレーヤーの日ごろの練習の取り組み方や

シュートのタイミング。外した時の表情やしぐさから

どんな気持ちで次のシュートを打つのか推測して

メンタル面の取り組みなどを分析するのもいい。

バスケットの奥は深い。それだからおもしろいのである。

2008/01/24 08:06|技術理論TB:0CM:0
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://kikibasket.blog59.fc2.com/tb.php/41-dc1f404a
東日本大震災のお見舞い

東日本大震災で被災された方々に 心よりお見舞い申し上げます。


ナイスシュート

image111.jpg


amazon


amazon DVD


amazon バスケグッズ


Copyright(C) 2008 All Rights Reserved. バスケットのちから~籠球論語~
Powered by FC2ブログ.  JavaScript by LostTechnology. template designed by 遥かなるわらしべ長者への軌跡.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。