バスケットのちから~籠球論語~

バスケットボールの理論・知識・哲学・技術を独自の見解で紹介します。

カテゴリ


プロフィール

kiki

Author:kiki
kiki(キキ)です。
高校時代は能代工業、京北高校、
土浦日大、明大中野高校、等々
東日本の全国区のチームと対戦!
その経験から得たバスケットボール
の見解を紹介します。


ランキング

↓ここをクリック!ランキングアップ!
(にほんブログ村)
にほんブログ村 その他スポーツブログ バスケットボールへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
(人気ブログランキング)

FC2ブログランキング


アクセスカウンター


オンラインカウンター

現在の閲覧者数:


リンク

このブログをリンクに追加する


最新コメント


最新記事


最新トラックバック


検索フォーム


こころの言葉


Google AdSence


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告
小型、大型とは、身長のことである。

バスケットリングが高い位置にある以上、
身長の高さは勝利に有利な条件である。

身長差のハンデキャップは他の努力によって
解決できることもあるが、
その差を縮めるための労力を思えば、
チームを大型化することが手っ取り早い。

しかし、日本的な考えから、
小さい者が大きい者に勝つことに美徳を感じるのも
事実である。



身長差の八ンデキャップを身長以外で解決するには・・・

〇リバウンドボールは高さの有利を消すに
 プレスディフェンスによるミスの誘発によって
 補うことを作戦と考える。

 これによって、平面的な部分で対決できる。
 長身者のドリブルは高い。
 動きも小さい者のの方が機敏である。
 それを考えてプレーしていこう。

 しかし、このプレスディフェンスは簡単に
 反撃を受けやすいものであってはならない。

〇相手のオフェンスリバウンド獲得率が高いので、
 その反撃方法として、展開が早く成功率の高い
 ファーストブレイクのオフェンスをつくる。

 それにより、相手を休ませない。
 相手に余裕を与えない。
 相手に嫌なオフェンスだと思わせることが必要である。

〇シュートは確率の高いゴール下で獲得できる
 ようでなければならない。
 
 外からのシュートに頼ってはならないのである。
 小さい者が、ドライブインで果敢に攻めて
 確率のいいシュートを成功させることが必要である。

〇それに必要なのは・・・・

 基礎体力の増強が不可欠である。
 そして、技術の熟練が必要である。

 速く確実なプレー。
 速くシュートまでいけるプレー。
 そして確実に得点できるプレー。

そのためには・・・

 合理的な練習方法が必要である。

 たゆまない努力が必要である。

 強い意志をもって取り組む姿勢が必要である。


不利な条件で勝つことは、容易なことではない。
しかし、バスケットボールをやる以上、
挑戦したいことであるのは間違いない。





↓↓↓よろしければ、クリックお願いします!
にほんブログ村 その他スポーツブログ バスケットボールへ人気ブログランキングへ

2013/01/22 18:08|勝利哲学論TB:0CM:1
このコメントは管理者の承認待ちです
#|2013/01/28(月) 19:28 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://kikibasket.blog59.fc2.com/tb.php/421-a81216b0
東日本大震災のお見舞い

東日本大震災で被災された方々に 心よりお見舞い申し上げます。


ナイスシュート

image111.jpg


amazon


amazon DVD


amazon バスケグッズ


Copyright(C) 2008 All Rights Reserved. バスケットのちから~籠球論語~
Powered by FC2ブログ.  JavaScript by LostTechnology. template designed by 遥かなるわらしべ長者への軌跡.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。