バスケットのちから~籠球論語~

バスケットボールの理論・知識・哲学・技術を独自の見解で紹介します。

カテゴリ


プロフィール

kiki

Author:kiki
kiki(キキ)です。
高校時代は能代工業、京北高校、
土浦日大、明大中野高校、等々
東日本の全国区のチームと対戦!
その経験から得たバスケットボール
の見解を紹介します。


ランキング

↓ここをクリック!ランキングアップ!
(にほんブログ村)
にほんブログ村 その他スポーツブログ バスケットボールへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
(人気ブログランキング)

FC2ブログランキング


アクセスカウンター


オンラインカウンター

現在の閲覧者数:


リンク

このブログをリンクに追加する


最新コメント


最新記事


最新トラックバック


検索フォーム


こころの言葉


Google AdSence


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告
チームづくりは、ディフェンスを頑張った上で
ファーストブレイクを主体に
速いチームを作ることからはじめたいと考えています。

もちろん、チームの状況がそれぞれ違いますから、
その状況によって変わってくることもありますが・・・


理想と現実のギャップとの戦いから
チームづくりは始まるのかもしれません。
選手の能力、身体的な特徴などの違いが
チームづくりに影響してきます。

しかしながら、理想を追い求めた上で、
練習のプランやドリルの開発をこころがけ
なければならないでしょう。

ドリルは、教科書どおりにはいかないものです。
ゆえに、チーム状況にあったドリルの開発または
ドリルのアレンジが必要になってきます。

ここで、大切なのは、指導者にとって
もっとも必要なスキルがドリルの開発ではなく、
技術を見る目であることです。

技術を見る目の能力が高ければ、
オリジナルドリルの開発ができなくても、
既存のドリルの採用したものが適正であるはずです。

であれば、チームづくりを発展させることはできます。

強豪校の練習内容はそう変わるものではないでしょう。
しかし、弱小チームのドリルが変わらないのならば、
チームづくりが行われているとは考えにくいものです。

ドリルそのものが変わらなくても、指導の言動が
変わってこそ、そのチームに適切な指導が行われていると
言っていいのかもしれません。

しかし、その変わる原因が指導者の迷いが原因であれば
なんの意味もありません。

指導者には自分の理想を追い求めることが大切です。
そのための努力が必要です。勉強が大切です。

そんな姿勢が選手を育てるひとつの要因かもしれません。


↓↓↓よろしければ、クリックお願いします!
にほんブログ村 その他スポーツブログ バスケットボールへ人気ブログランキングへ
2013/02/04 18:00|オフェンスの戦略・戦術TB:0CM:2
はじめまして(〃'▽'〃)
いつも拝見させて頂いております。
私も「ミニバス無限大 大森MBBC」というブログをやっております。
私はミニバスを少しやったくらいで、経験者というには無理があるんです。
そこで「バスケットのちから~籠球論語~」で勉強させて頂いております。
分かりやすいし、カテゴリの分類もされていて見やすいです。
私の一番のお気に入りのブログなんです(・∀・)ウン!!
これからも拝見させてください☆
hfcknc #-|2013/02/08(金) 12:55 [ 編集 ]
コメント嬉しい限りです。

ブログであまりコミニュケ-ションを
とっていないので、
正直、いつもブログ更新を
やめようかと考えます。

そんな時にこのようなコメントを頂き
有り難い限りです。

もう少しブログの更新をがんばってみよう
と思います。

これからも宜しくお願いします。
kiki #-|2013/02/12(火) 21:03 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://kikibasket.blog59.fc2.com/tb.php/423-25413672
東日本大震災のお見舞い

東日本大震災で被災された方々に 心よりお見舞い申し上げます。


ナイスシュート

image111.jpg


amazon


amazon DVD


amazon バスケグッズ


Copyright(C) 2008 All Rights Reserved. バスケットのちから~籠球論語~
Powered by FC2ブログ.  JavaScript by LostTechnology. template designed by 遥かなるわらしべ長者への軌跡.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。