バスケットのちから~籠球論語~

バスケットボールの理論・知識・哲学・技術を独自の見解で紹介します。

カテゴリ


プロフィール

kiki

Author:kiki
kiki(キキ)です。
高校時代は能代工業、京北高校、
土浦日大、明大中野高校、等々
東日本の全国区のチームと対戦!
その経験から得たバスケットボール
の見解を紹介します。


ランキング

↓ここをクリック!ランキングアップ!
(にほんブログ村)
にほんブログ村 その他スポーツブログ バスケットボールへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
(人気ブログランキング)

FC2ブログランキング


アクセスカウンター


オンラインカウンター

現在の閲覧者数:


リンク

このブログをリンクに追加する


最新コメント


最新記事


最新トラックバック


検索フォーム


こころの言葉


Google AdSence


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告
試合に挑むときに最初に考えなければ
ならないことは・・・

試合にチャレンジするという心です。

自分達より弱いと思う相手でも
チャレンジする心を忘れててはいけない。






問題が起きるのは、
このチャレンジする心がない時です。

油断はこのチャレンジする心を失った時に
訪れるものです。

いつでも、どんな相手にでも
チャレンジする心があれば
いい内容の試合ができるものです。

これが大事なんですね。

自分達のもっている力を発揮するために
必要なことは、平常心ではないと思います。

チャレンジする心です。

それが闘う気持ちになるのです。

その闘う気持ちがいつものプレーを生み出すのです。

平常心ではいつものプレーはできないと思います。

それは試合という状況が心に、
いつもの状況を保てなくするからです。

だから、チャレンジしなければならないのです。

試合は、技術の争いというよりも、
心の戦いのウエイトが大きいと思っています。

技術にはそんなに大きな差はないと思います。
たとえ、技術に大きな差があったとしても
戦術によってカバーできたりするものです。

しかし、チャレンジする心がなければ、
もっている技術も戦術も通用しないということを
認識する必要があるのです。

ゲームプランがうまくいかないのは、
プランが間違っているか、
プレンを実行できていないかの
どちらかです。

ゲームプレンをうまくいかせるために練習があります。
練習でうまくいっていて、試合に効果がないのは
何が原因でしょうか?

相手の方が上手だということも考えられるでしょう。
しかし、多くの場合は、自滅することが多いでしょう。

うまくいかない原因は・・・

チャレンジする心の欠乏ではないですか?

それに指導者が気づけなければ・・・
いつも同じ結果になってしまいます。

気づける目、気づける感覚が大事になります。


↓↓よろしければ、クリックお願いします!
にほんブログ村 その他スポーツブログ バスケットボールへ人気ブログランキングへ
2013/02/17 22:26|指導論TB:0CM:0
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://kikibasket.blog59.fc2.com/tb.php/425-552dadde
東日本大震災のお見舞い

東日本大震災で被災された方々に 心よりお見舞い申し上げます。


ナイスシュート

image111.jpg


amazon


amazon DVD


amazon バスケグッズ


Copyright(C) 2008 All Rights Reserved. バスケットのちから~籠球論語~
Powered by FC2ブログ.  JavaScript by LostTechnology. template designed by 遥かなるわらしべ長者への軌跡.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。