バスケットのちから~籠球論語~

バスケットボールの理論・知識・哲学・技術を独自の見解で紹介します。

カテゴリ


プロフィール

kiki

Author:kiki
kiki(キキ)です。
高校時代は能代工業、京北高校、
土浦日大、明大中野高校、等々
東日本の全国区のチームと対戦!
その経験から得たバスケットボール
の見解を紹介します。


ランキング

↓ここをクリック!ランキングアップ!
(にほんブログ村)
にほんブログ村 その他スポーツブログ バスケットボールへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
(人気ブログランキング)

FC2ブログランキング


アクセスカウンター


オンラインカウンター

現在の閲覧者数:


リンク

このブログをリンクに追加する


最新コメント


最新記事


最新トラックバック


検索フォーム


こころの言葉


Google AdSence


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告
久々の更新です。

新入学の季節です。

1対1の攻防こそ、バスケットの基本です。

ドリブルで相手を抜く・・・

抜きどころを覚えましょう。


まず、思いだしてください。
あなたがディフェンスのときにどのタイミングで
抜かれたかを・・・

学習は自分の経験で行うのがベストです。

抜かれる場面の状況・・・・

1.フェイクにひっかかった。

2・相手がパスをもらった瞬間にダッシュしてきて
  反応できなかった。

3.気を抜いていた。

4.ドリブルにしばらくはつけたが、ふりきられた。


よくありがちな状況です。
それが抜きどころになります。

それから考えれば・・・

どうすれば、フェイクにひっかかるのか?パスキャッチの瞬間に
一歩を素早くだす方法は?ダッシュで相手を抜けるか?

相手を抜く為の自分のプレーをつくりあげましょう。
それには、練習です。
自分で考えて、あれこれと工夫してみましょう。

失敗で学びましょう。

自チームの練習では、あなたのプレーは読まれています。
チームメイトは、あなたの動きになれているはずです。

それこそ、動きの工夫で抜きどころのポイントをつくり
抜けるようになれば、対戦する相手には通用するはずです。

さて、ドリブルで抜く為に忘れていけないのは・・・

ドリブルの時にボール見ないことです。
見ないでドリブルできる技術が必要です。

そして、それができるとしても、下を向かないこと。
回りが見渡せる視野がなければドリブルで抜くことは
できません。

ドリブルの練習をして技術のレベルアップをして下さい。
それから、色々な技術の習得を目指しましょう。

焦らないで・・・

努力は自分を裏切りません。
継続できないことが最大の課題です。

自分のうまくなったプレーを想像しながら
練習を積み上げましょう。

あきらめないこと!

それが大切です。


↓↓よろしければ、クリックお願いします!
にほんブログ村 その他スポーツブログ バスケットボールへ人気ブログランキングへ
2013/03/17 23:04|1対1TB:0CM:0
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://kikibasket.blog59.fc2.com/tb.php/427-0368ede0
東日本大震災のお見舞い

東日本大震災で被災された方々に 心よりお見舞い申し上げます。


ナイスシュート

image111.jpg


amazon


amazon DVD


amazon バスケグッズ


Copyright(C) 2008 All Rights Reserved. バスケットのちから~籠球論語~
Powered by FC2ブログ.  JavaScript by LostTechnology. template designed by 遥かなるわらしべ長者への軌跡.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。