バスケットのちから~籠球論語~

バスケットボールの理論・知識・哲学・技術を独自の見解で紹介します。

カテゴリ


プロフィール

kiki

Author:kiki
kiki(キキ)です。
高校時代は能代工業、京北高校、
土浦日大、明大中野高校、等々
東日本の全国区のチームと対戦!
その経験から得たバスケットボール
の見解を紹介します。


ランキング

↓ここをクリック!ランキングアップ!
(にほんブログ村)
にほんブログ村 その他スポーツブログ バスケットボールへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
(人気ブログランキング)

FC2ブログランキング


アクセスカウンター


オンラインカウンター

現在の閲覧者数:


リンク

このブログをリンクに追加する


最新コメント


最新記事


最新トラックバック


検索フォーム


こころの言葉


Google AdSence


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告
どんなプレーをするか。

どんなプレーをしなければならないか。

オフェンススキルのアップでは、

あるべき姿のイメージが必要である。



たとえば、背が低いことはバスケットボールでは
不利なことにある。
しかし、それでもやらなければならないこと。
背が低くても、果敢に挑まなければならないだろう。

「背が低くてもゴール付近の得点を奪う」

それには、接触に負けない身体の使い方や
安全なシュートの打ち方を身に付けることは必要である。

〇素早い判断でステップを変化させる。

ランニングステップを変化させて、タイミングをずらす
身体を空中での接触に負けないようにコントロールすることが
シュートのバリエーションとして効果的である。
また、パワーステップで相手と接触しても
シュートにもっていけるようにし、あわよくばファールを
貰うことも必要である。

それには、相手の位置、動きの予測で相手を出し抜くことが
求められるだろう。

ランニングステップは片足づつになる。
これではディフェンスとの接触には弱い。
だからこそ、両足でステップするパワーステップで
相手の接触にそなえなければならない。

しかし、まともにぶつかることは極力避けるべきである。
タイミングをいかにズラすかを考えなければならない。


〇シュートブロックされないシュート身につける。

普通であれば、背が低ければ背の大きい相手に
シュートブロックされやすい。

それで必要になるのが、ブロックされないシュートである。
タイミングをずらす。
ボールのリリースポイントの位置を遠くにする。
ボールの軌道を変える。

シュートにも色々な工夫が必要です。

これは、日ごろの練習で身につけなければなりません。

どうやって相手をかわすか。
どうやってかわしたシュートの確率をあげるか。
イメージを頭に浮かべながら練習しましょう。

うまくいけばいくほど、バスケットが好きになること
間違いなしです。



  ↑↑↑よろしけれれば、クリックお願いします!
にほんブログ村 その他スポーツブログ バスケットボールへ人気ブログランキングへ
2013/04/21 19:23|オフェンススキルTB:0CM:0
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://kikibasket.blog59.fc2.com/tb.php/431-dd1edfd0
東日本大震災のお見舞い

東日本大震災で被災された方々に 心よりお見舞い申し上げます。


ナイスシュート

image111.jpg


amazon


amazon DVD


amazon バスケグッズ


Copyright(C) 2008 All Rights Reserved. バスケットのちから~籠球論語~
Powered by FC2ブログ.  JavaScript by LostTechnology. template designed by 遥かなるわらしべ長者への軌跡.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。