バスケットのちから~籠球論語~

バスケットボールの理論・知識・哲学・技術を独自の見解で紹介します。

カテゴリ


プロフィール

kiki

Author:kiki
kiki(キキ)です。
高校時代は能代工業、京北高校、
土浦日大、明大中野高校、等々
東日本の全国区のチームと対戦!
その経験から得たバスケットボール
の見解を紹介します。


ランキング

↓ここをクリック!ランキングアップ!
(にほんブログ村)
にほんブログ村 その他スポーツブログ バスケットボールへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
(人気ブログランキング)

FC2ブログランキング


アクセスカウンター


オンラインカウンター

現在の閲覧者数:


リンク

このブログをリンクに追加する


最新コメント


最新記事


最新トラックバック


検索フォーム


こころの言葉


Google AdSence


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告
負けないバスケットとは・・・
あくまで個人の見解ではありますが・・・

走り負けないチームであるということです。
乱暴な考え方かもしれませんが、
走りの部分で勝てれば、負けないバスケットが
できるということになります。


負けないバスケットとは、
速攻を中心とし、アーリー・オフェンスを軸に
ディフェンスを突破する力に長けていることが
重要であると考えます。

相手のスキを見つけては果敢にリングへと
走り込んでいくバスケットを
”走るバスケット”と称されます。

走るバスケットは驚異的な破壊力を持ち、
有効な手段として考えるべきバスケットです。

相手のスキをみて走るという戦術は、
ごく当たり前に展開され、時に爆発的な
攻撃力を生み出します。

そうとわかっていても、なかなか
相手に走り勝つバスケットはできないものです。

それでは、いかにして自チームを走るチームに
生まれ変わらせればいいのだろうか? 

やるべき制約をつくる。
チームの約束事をつくる。
それを実行できるチームにする。

簡単なようで簡単ではありません。
当然、基礎的な体力、脚力のアップのために
トレーニングは不可欠です。

それができたとして、その次の段階では、
やるべきことをはっきりとさせることが大切です。

マイボールになる状況は色々とあります。
その状況状況で、どう連動して動くか。
どうボールを動かしていくのかを、
チームで約束事として構築して、
それを最優先してチームが動けることが、
「走るバスケット」のチームがつくれると考えます。

チームによって、状況が変わってきます。
ドリブルを優先して展開するのか、
パスを中心に展開するのか、
状況時よって、柔軟に展開するのか、

チームによっての約束事があれば、
効率的に展開でき、相手の変化にも
対応できるものとして作り上げたいものです。







  ↑↑↑よろしけれれば、クリックお願いします!
にほんブログ村 その他スポーツブログ バスケットボールへ人気ブログランキングへ




2013/05/09 18:19|勝利哲学論TB:0CM:0
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://kikibasket.blog59.fc2.com/tb.php/433-75ba19cd
東日本大震災のお見舞い

東日本大震災で被災された方々に 心よりお見舞い申し上げます。


ナイスシュート

image111.jpg


amazon


amazon DVD


amazon バスケグッズ


Copyright(C) 2008 All Rights Reserved. バスケットのちから~籠球論語~
Powered by FC2ブログ.  JavaScript by LostTechnology. template designed by 遥かなるわらしべ長者への軌跡.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。