バスケットのちから~籠球論語~

バスケットボールの理論・知識・哲学・技術を独自の見解で紹介します。

カテゴリ


プロフィール

kiki

Author:kiki
kiki(キキ)です。
高校時代は能代工業、京北高校、
土浦日大、明大中野高校、等々
東日本の全国区のチームと対戦!
その経験から得たバスケットボール
の見解を紹介します。


ランキング

↓ここをクリック!ランキングアップ!
(にほんブログ村)
にほんブログ村 その他スポーツブログ バスケットボールへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
(人気ブログランキング)

FC2ブログランキング


アクセスカウンター


オンラインカウンター

現在の閲覧者数:


リンク

このブログをリンクに追加する


最新コメント


最新記事


最新トラックバック


検索フォーム


こころの言葉


Google AdSence


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告

ポジション考

バスケは大きく5つのポジションに分けられる。

ポイントガード、シューティングガード、
スモールフォワード、パワーフォワード、センター。
それぞれに役割がある。




ポイントガードなら、ボールを運ぶことや
ゲームを組み立てること。

センターなら、インサイドプレーが主体。
リバウンドやポストプレーが役割となる。

シューティングガードならアウトサイドの
シュートを磨かなければならない。

しかし、厳密にポジションを決めることはできない。
状況によって、相手によって、やるべきことが
変わってくるからだ。
運はポジションと役割にこだわりすぎると、
チームが組織として停滞して機能しないことが起こる。

身長が低くても、インサイドのパワープレイが得意なら、
パワーフォワードとして使えばいいし、
身長が高くても、ドリブルがうまく判断力があるなら、
ガードとして使えばいい。

オフェンスに関して言えば、身長はあまり関係ないと
考えていいだろう。
オフェンスでは、相手を崩してシュートにもっていける
機会が多く作れればいいのである。

自分はセンターだからといって、ゴール下に固執する必要はない。
チームのオフェンスパターンを判断して、
チームメイトがこう動くから、自分はこう動こうという、
柔軟な考えをもって判断して動くことが大切である。

すべてのポジションをできるようにする必要はないが、
すべてのポジションの「役割」を知り、
状況によって、自分が今何のポジションの役割を
担うべきかを考えて行動できる選手を目指したいものである。



  ↑↑↑よろしけれれば、クリックお願いします!
にほんブログ村 その他スポーツブログ バスケットボールへ人気ブログランキングへ


月刊 バスケットボール 2013年 07月号 [雑誌]月刊 バスケットボール 2013年 07月号 [雑誌]
(2013/05/25)
不明

商品詳細を見る


2013/05/26 10:32|技術理論TB:0CM:0
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://kikibasket.blog59.fc2.com/tb.php/435-edf9020a
東日本大震災のお見舞い

東日本大震災で被災された方々に 心よりお見舞い申し上げます。


ナイスシュート

image111.jpg


amazon


amazon DVD


amazon バスケグッズ


Copyright(C) 2008 All Rights Reserved. バスケットのちから~籠球論語~
Powered by FC2ブログ.  JavaScript by LostTechnology. template designed by 遥かなるわらしべ長者への軌跡.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。