バスケットのちから~籠球論語~

バスケットボールの理論・知識・哲学・技術を独自の見解で紹介します。

カテゴリ


プロフィール

kiki

Author:kiki
kiki(キキ)です。
高校時代は能代工業、京北高校、
土浦日大、明大中野高校、等々
東日本の全国区のチームと対戦!
その経験から得たバスケットボール
の見解を紹介します。


ランキング

↓ここをクリック!ランキングアップ!
(にほんブログ村)
にほんブログ村 その他スポーツブログ バスケットボールへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
(人気ブログランキング)

FC2ブログランキング


アクセスカウンター


オンラインカウンター

現在の閲覧者数:


リンク

このブログをリンクに追加する


最新コメント


最新記事


最新トラックバック


検索フォーム


こころの言葉


Google AdSence


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告
ミニバスケット時代の技術が
今後のベースになります。

ミニバス後期=高学年は大切な時期になります。

高学年になるとバスケットボールを競技として
認識してきます。

技術の基本を習得することが大切です。


まずは基本姿勢が大切です。
何気なく構えていては、攻防の展開が早く
身体の接触が多いバスケでは対応できません。

オフェンスの構え方、
ディフェンスの構え方を覚えることです。

基本姿勢とは肩幅程のスタンス、適度に曲げた膝、
そして、左右前後に素早く動ける姿勢です。

特には走ること、跳ぶことも大切ですが、
実はストップした時、着地した時に
バランスを崩さずに正しい姿勢を保てることが
大切だと考えます。

バスケットボールのプレーのはじまりは
基本姿勢からはじまります。

練習では、あらゆる動きに対応できるように
基本姿勢をとれること。
いかなる動きも素早く動ける訓練しましょう。
目的をもった反復練習が必要でしょう。

そして、バスケットボールのボールを扱うことを
重視します。

ボールハンドリングドリルは、大切です。
指を大きく開いてボールを扱えるようにしたいものです。
高学年とはいえ、ボールは大きいものです。

ハンドリングではボールキャッチの技術も大切です。
オフェンスにおいては、ボールキャッチから
プレーが始まることを重視しましょう。

ボールキャッチがうまくできない。
パスやドリブル、シュートがうまくできない。
その原因は、ボールハンドリング力にあると考えます。

逆に言えば、ボールハンドリングの技術のうまい
選手は上達がはやくなります。

選手の技術の習得の早さは、みんなが同じでは
ありません。
気長に熱心にしかしながら、自主性を重んじながら
指導していくことが大切です。

技術のポイントに気づけるドリル。
楽しく取り組めて、意味のあるドリル。
選手、チームにあったオリジナルドリルが
必要なのだと考えます。

ドリルの開発力が指導者には必要です。


  ↑↑↑よろしけれれば、クリックお願いします!
にほんブログ村 その他スポーツブログ バスケットボールへ人気ブログランキングへ
2013/06/09 16:05|指導論TB:0CM:0
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://kikibasket.blog59.fc2.com/tb.php/437-16978d44
東日本大震災のお見舞い

東日本大震災で被災された方々に 心よりお見舞い申し上げます。


ナイスシュート

image111.jpg


amazon


amazon DVD


amazon バスケグッズ


Copyright(C) 2008 All Rights Reserved. バスケットのちから~籠球論語~
Powered by FC2ブログ.  JavaScript by LostTechnology. template designed by 遥かなるわらしべ長者への軌跡.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。