バスケットのちから~籠球論語~

バスケットボールの理論・知識・哲学・技術を独自の見解で紹介します。

カテゴリ


プロフィール

kiki

Author:kiki
kiki(キキ)です。
高校時代は能代工業、京北高校、
土浦日大、明大中野高校、等々
東日本の全国区のチームと対戦!
その経験から得たバスケットボール
の見解を紹介します。


ランキング

↓ここをクリック!ランキングアップ!
(にほんブログ村)
にほんブログ村 その他スポーツブログ バスケットボールへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
(人気ブログランキング)

FC2ブログランキング


アクセスカウンター


オンラインカウンター

現在の閲覧者数:


リンク

このブログをリンクに追加する


最新コメント


最新記事


最新トラックバック


検索フォーム


こころの言葉


Google AdSence


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告
スクリーンプレーを使ってうまく攻めるには、
個人のスキルと戦略的な理解と判断力が必要だと
考えています。

私自身、高校と大学時代にスクリーンプレーを
多くプレーしてきました。しかし・・・


本質的には、個人のスキルが低いために
戦略的に使わざる負えない状況で使っている。
という考え方から、現役時代は嫌いなプレーでした。

しかし、スクリーンプレーできれいにノーマークを
つくることができ、シュートを決めた時は
本当に気持ちのいいものです。

そういう意味では、スクリーンプレーは、
オフェンスの戦略的には必要です。

スクリーンプレーは、セットオフェンスのプレーとして
活用することになると考えます。
その意味から戦略としてのセットオフェンスの
理解度が高くなければなりません。

状況を見てタイミングよく動けることも大切です。

チームオフェンスは自由度が高ければ高いほど、
実は動きに制約を受けます。
5人が勝手に動き出すと、お互いが同じスペースへ
動いてしまったりして邪魔しあってしまうことが
起きてしまうからです。

同じく、ほとんどの動きを決まられている
セットオフェンスでも同じことがおこります。
動きの制約がある分、自由に動けないのです。

オフェンスにおけるチームの約束事を意識しながら
スクリーンプレーするには、日ごろの練習から
積極的に使うことです。
そして、なぜうまくいかないのか、
どうすればうまくいくのかを考えながらプレーしましょう。


スクリーンにはオンボールの場合とオフボールの場合の
ふたつの状況が考えられます。

オンボールの状況では、ブラッシングが基本のスキルに
なると考えます。スクリーンユーザーとスクリナーが
肩をぶつけるように隙間なく動くことです。
ディフェンスにファイトオーバーさせないことが
目的になります。

オフボールの場合は、ディフェンスはスクリナーの後ろを
スライドしてくることが考えられます。
その場合、ディフェンスの目が切れる瞬間が
できることが多いので、その瞬間をねらって動きましょう。

オフェンスは突き詰めるとシンプルになるというのが持論です。

多くの約束事やプレーのパターンが多すぎると、
判断が遅くなったり、5人の意識が合わなかったりして
うまくいかなくなるものです。

その点を意識しながら、スクリーンプレーを
考えながら取り組んでみましょう。



  ↑↑↑よろしけれれば、クリックお願いします!
にほんブログ村 その他スポーツブログ バスケットボールへ人気ブログランキングへ
2013/07/17 22:13|オフェンスの戦略・戦術TB:0CM:0
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://kikibasket.blog59.fc2.com/tb.php/442-61503d35
東日本大震災のお見舞い

東日本大震災で被災された方々に 心よりお見舞い申し上げます。


ナイスシュート

image111.jpg


amazon


amazon DVD


amazon バスケグッズ


Copyright(C) 2008 All Rights Reserved. バスケットのちから~籠球論語~
Powered by FC2ブログ.  JavaScript by LostTechnology. template designed by 遥かなるわらしべ長者への軌跡.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。