バスケットのちから~籠球論語~

バスケットボールの理論・知識・哲学・技術を独自の見解で紹介します。

カテゴリ


プロフィール

kiki

Author:kiki
kiki(キキ)です。
高校時代は能代工業、京北高校、
土浦日大、明大中野高校、等々
東日本の全国区のチームと対戦!
その経験から得たバスケットボール
の見解を紹介します。


ランキング

↓ここをクリック!ランキングアップ!
(にほんブログ村)
にほんブログ村 その他スポーツブログ バスケットボールへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
(人気ブログランキング)

FC2ブログランキング


アクセスカウンター


オンラインカウンター

現在の閲覧者数:


リンク

このブログをリンクに追加する


最新コメント


最新記事


最新トラックバック


検索フォーム


こころの言葉


Google AdSence


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告
個人のスキルアップを目指すならば、練習しかありません。
ただ、闇雲に練習してもすぐには上達できないでしょう。

まずは意識を変えること。


中学生、高校生ならば、部活として練習があるでしょう。
同じような練習の日々かもしれません。

何も考えず、ただ練習をしても、何も変わらないでしょう。
技術の維持、体力の維持、身体能力の維持を
するための練習では何も変わりません。

まずは、自分を知ることです。
自分の技術はどのレベルであるかを客観的に分析できることが
大切なのですが、それはなかなか難しいことです。
しかし、間違っていてもいいから、分析できるようにしましょう。
できなければ、チームメイトに聞いたり、指導者に聞いたり
するのもいいでしょう。
分析する感覚を磨く訓練として、ほかの選手を分析しましょう。
良いところ、悪いところ、どうすれば良くなるのか、
それを自分に置き換えることができればいいのです。


自分のレベルがわかり、どうすれば成長できるかが
わかれば、練習への取り組み方が変わるでしょう。

まずは、意識を変えること。積極的に行動する。
練習中は、見ている時間も集中して他の選手のプレーを見る。
そして、うまく出来ている理由、失敗した原因を考えましょう。

練習でいうならば、三つの取り組み方があると思います。
指導者から言われたこともできないパターン。
指導者から言われたとおりにできるパターン。
指導者から言われたこと以外も工夫して取り組む。

あなたはどのタイプですか?

そぐにできなくても、意識を変えればできるはずです。
まずは、言われたことをすぐにできるようにしましょう。
ここで大切なのは、自分だけではいけないのです。
自分ができるようになったら、チームでできない選手にも
できるようになれるような声かけができるようになると
いいでしょう。

チーム全体のレベルが上がれば、練習のレベルも自然と
上がっていきます。スキルアップにつながります。

その練習の意味や目的の考えていますか。
その練習のメニューをクリアするためにどんなスキルが
必要かわかりますか。
そのスキルを手にいするためにどんなことをすれば
いいのかわかりますか。

すべては、見て、気づいて、考えることが大切です。


  ↑↑↑よろしけれれば、クリックお願いします!
にほんブログ村 その他スポーツブログ バスケットボールへ人気ブログランキングへ
2013/08/03 14:37|バスケット上達法TB:0CM:0
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://kikibasket.blog59.fc2.com/tb.php/444-e2508436
東日本大震災のお見舞い

東日本大震災で被災された方々に 心よりお見舞い申し上げます。


ナイスシュート

image111.jpg


amazon


amazon DVD


amazon バスケグッズ


Copyright(C) 2008 All Rights Reserved. バスケットのちから~籠球論語~
Powered by FC2ブログ.  JavaScript by LostTechnology. template designed by 遥かなるわらしべ長者への軌跡.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。