バスケットのちから~籠球論語~

バスケットボールの理論・知識・哲学・技術を独自の見解で紹介します。

カテゴリ


プロフィール

kiki

Author:kiki
kiki(キキ)です。
高校時代は能代工業、京北高校、
土浦日大、明大中野高校、等々
東日本の全国区のチームと対戦!
その経験から得たバスケットボール
の見解を紹介します。


ランキング

↓ここをクリック!ランキングアップ!
(にほんブログ村)
にほんブログ村 その他スポーツブログ バスケットボールへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
(人気ブログランキング)

FC2ブログランキング


アクセスカウンター


オンラインカウンター

現在の閲覧者数:


リンク

このブログをリンクに追加する


最新コメント


最新記事


最新トラックバック


検索フォーム


こころの言葉


Google AdSence


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告

パスをつなぐ

パスというスキルは個人の練習だけでは磨けない。
一人では成立しないスキルこそ重要である。

パスはドリブルよりも早くボールを運べる。
そして、チームプレーを支える重要なスキルである。


パス練習は一人ではできない。
チームメイトと合わせることが必要である。
ディフェンスに脅威やプレッシャーを与えないパスは、
ディフェンスを崩すための武器にはならない。

パスは、相手に奪われては意味がない。
ターンオーバーはやってはいけないミスです。
ミスの原因は、パサーの技術不足および、
レシーバーの準備不足やハンドリング技術の未熟さ
が原因になります。

お互いの判断ミスとタイミングのズレも原因の
ひとつになります。

さて、どう考えて練習すべきでしょうか・

パサーはパスを出す時に、リングを中心に
フロア全体を視野に入れ、ディフェンスを見ます。
目線をレシーバーに向けていることに気づかれないように
パスをねらいましょう。
ノールックパスがベストですが、それを狙うことで
パスミスになっては意味がありません。

何げなく見るという視野、常にキョロキョロと
目を動かしような視野を試してみましょう。

こう動くだろうというディフェンスの予測、
味方の動きの予測も必要でしょう。
それにより、視野の使い方、パスの精度をアップ
させることができるようになるはずです。

パスを出す時の構え方、ボールをセットする位置も
大切になります。
パスは両手が基本です。
ただし、目の前のディフェンスかわしパスコースを
つくるためにには、ピボットとワンハンドパスも必要です。

ボールは、ディフェンスから遠い方の腰のあたりに
セットするパスも習得すべきです。

自在にパスを出せること。
視野を広くもつこと。
味方を動きを合わせること。
ディフェンスに読まれないこと。

これを練習で磨きましょう。


  ↑↑↑よろしけれれば、クリックお願いします!
にほんブログ村 その他スポーツブログ バスケットボールへ人気ブログランキングへ
2013/08/13 21:35|パス・スキルTB:0CM:0
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://kikibasket.blog59.fc2.com/tb.php/445-2e9441bf
東日本大震災のお見舞い

東日本大震災で被災された方々に 心よりお見舞い申し上げます。


ナイスシュート

image111.jpg


amazon


amazon DVD


amazon バスケグッズ


Copyright(C) 2008 All Rights Reserved. バスケットのちから~籠球論語~
Powered by FC2ブログ.  JavaScript by LostTechnology. template designed by 遥かなるわらしべ長者への軌跡.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。