バスケットのちから~籠球論語~

バスケットボールの理論・知識・哲学・技術を独自の見解で紹介します。

カテゴリ


プロフィール

kiki

Author:kiki
kiki(キキ)です。
高校時代は能代工業、京北高校、
土浦日大、明大中野高校、等々
東日本の全国区のチームと対戦!
その経験から得たバスケットボール
の見解を紹介します。


ランキング

↓ここをクリック!ランキングアップ!
(にほんブログ村)
にほんブログ村 その他スポーツブログ バスケットボールへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
(人気ブログランキング)

FC2ブログランキング


アクセスカウンター


オンラインカウンター

現在の閲覧者数:


リンク

このブログをリンクに追加する


最新コメント


最新記事


最新トラックバック


検索フォーム


こころの言葉


Google AdSence


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告
バスケットボールのプレーヤーに求められる
ものはふたつ。

それは技術と運動能力。

この二つの能力の組み合わせがプレーヤーの
バスケットボールの能力を決定する。


バスケットボールがうまくなりたいと思っているなら、
競技のレベルに関係なく、シュート、ボールハンドリング、
ドリブルなどの技術を学び練習して、身につけたいと
強く思っていることが大切である。

運動能力が少し劣っていても、技術がしっかりと
していれば、バスケットボールをまっとうすることが
できると考える。

また、技術も偏っていても、能力がずば抜けていれば
バスケットボールのゲームでチームに貢献できる。

たとえば、身長が高く、ドリブルができないプレーヤーでも
ゴール下のシュートの確率高ければ、チームの一員として
活躍できる可能性はある。

まずは自分の得意なところ、優位なところを活かすことを
考えるべきである。

そして、その得意な技術をさらに磨くことに努力しながら、
苦手は技術も練習しよう。

得意な技術の練習や研究は集中してできやすいものです。
不得意な技術の練習は長く続けられないもの。
それならば、特異な技術の練習と不得意な技術の練習を
交互に組み合わせて行うような工夫をして
有効に技術のレベルアップを目指す。

一番大切なことは、自分の技術を正しく評価することである。

自分を知らなければ、何もできない。
有意義な練習も技術の習得できない。

それを知ることが大切である。




  ↑↑↑よろしけれれば、クリックお願いします!
にほんブログ村 その他スポーツブログ バスケットボールへ人気ブログランキングへ
2013/09/15 22:34|技術理論TB:0CM:0
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://kikibasket.blog59.fc2.com/tb.php/449-966eb416
東日本大震災のお見舞い

東日本大震災で被災された方々に 心よりお見舞い申し上げます。


ナイスシュート

image111.jpg


amazon


amazon DVD


amazon バスケグッズ


Copyright(C) 2008 All Rights Reserved. バスケットのちから~籠球論語~
Powered by FC2ブログ.  JavaScript by LostTechnology. template designed by 遥かなるわらしべ長者への軌跡.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。