バスケットのちから~籠球論語~

バスケットボールの理論・知識・哲学・技術を独自の見解で紹介します。

カテゴリ


プロフィール

kiki

Author:kiki
kiki(キキ)です。
高校時代は能代工業、京北高校、
土浦日大、明大中野高校、等々
東日本の全国区のチームと対戦!
その経験から得たバスケットボール
の見解を紹介します。


ランキング

↓ここをクリック!ランキングアップ!
(にほんブログ村)
にほんブログ村 その他スポーツブログ バスケットボールへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
(人気ブログランキング)

FC2ブログランキング


アクセスカウンター


オンラインカウンター

現在の閲覧者数:


リンク

このブログをリンクに追加する


最新コメント


最新記事


最新トラックバック


検索フォーム


こころの言葉


Google AdSence


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告
「攻撃のチャンスはディフェンスの時のある」

バスケットボールの特徴である攻防の切り替え。
シュートを決めれば、攻撃権は相手に変わる。

そう考えれば、ディフェンスの時に攻撃のチャンスを
狙うべきである。


ディフェンスの最大の目的はシュート打たせないこと。
これはなかなか難しい。

次の目的はシュートを簡単に打たせないこと。
結果的にタイトなディフェンスできれば、
パスやドリブルのプレーで展開させ、
オーバータイムを狙う。
またはプレーの展開を多くさせることで
パスミスなどを起こさせる。

苦しいシュートを打たせること。
シュートを打たれるのはしかたいとしても
楽に打たせないことである。

シュートが落ちれば、リバウンドボールを
必ず取る。そしてファーストブレイク。

ディフェンスからの攻撃の切り替えを早くする。
それはリバウンドからの展開を想定する。
リバウンドを高い確率で奪取したい。

ファーストブレイクは最良の攻撃法である。

まず、リバウンドをとること。
そしてアウトレットパス。
さらにアップコートパス(パスの前進)。
そして、リバース(展開)する。

セットオフェンスはチームの特徴を考えて
それに合わせた攻撃法を考えなければならない。

しかし、ファーストブレイクは、訓練することで、
レベルアップは可能である。

ポイントは・・・

〇リバウンドは必ずとる。

〇アウトレットパスを成功させる。

〇相手がディフェンスを構成する前に攻める。


  ↑↑↑よろしけれれば、クリックお願いします!
にほんブログ村 その他スポーツブログ バスケットボールへ人気ブログランキングへ
2013/09/23 19:03|オフェンスの戦略・戦術TB:0CM:0
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://kikibasket.blog59.fc2.com/tb.php/450-9d5cd67a
東日本大震災のお見舞い

東日本大震災で被災された方々に 心よりお見舞い申し上げます。


ナイスシュート

image111.jpg


amazon


amazon DVD


amazon バスケグッズ


Copyright(C) 2008 All Rights Reserved. バスケットのちから~籠球論語~
Powered by FC2ブログ.  JavaScript by LostTechnology. template designed by 遥かなるわらしべ長者への軌跡.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。