バスケットのちから~籠球論語~

バスケットボールの理論・知識・哲学・技術を独自の見解で紹介します。

カテゴリ


プロフィール

kiki

Author:kiki
kiki(キキ)です。
高校時代は能代工業、京北高校、
土浦日大、明大中野高校、等々
東日本の全国区のチームと対戦!
その経験から得たバスケットボール
の見解を紹介します。


ランキング

↓ここをクリック!ランキングアップ!
(にほんブログ村)
にほんブログ村 その他スポーツブログ バスケットボールへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
(人気ブログランキング)

FC2ブログランキング


アクセスカウンター


オンラインカウンター

現在の閲覧者数:


リンク

このブログをリンクに追加する


最新コメント


最新記事


最新トラックバック


検索フォーム


こころの言葉


Google AdSence


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告
私がなぜバスケットボールの魅力に取りつかれ、
このようなブログまで開設しているのか
原点について考えてみようと思いました。

私にとって、たまたまバスケットボールであっただけで、
他の競技にであっていたなら、
他の競技に取りつかれていたのかも・・・


まず、楽しさに気づけたことが、
バスケットボールが好きになった一つの要因です。

私は、完全なる運動音痴です。
中学時代、身長は高かったので色々な部活に誘われました。
そして、野球は外で暑いし、ボールが怖い。
バレーボールは、レシーブでボールが当たると腕が痛くなる。

そんな消去法で残ったのがバスケットボールでした。

私がバスケットボールを始めた環境は、強いチームではなく
指導者も素人の顧問。
しかし、私にとっては保健体育の先生が技術指導をしてくれる
環境があったのが幸いでした。

今、体罰が問題になっていますが、中学時代の3年間は
体罰された経験はありません。

そして、運動音痴の私が続けてこられたのは、
自己実現、小さな成功体験がバスケットの楽しさと
気づけたことにあると考えます。

〇努力すれば、技術の習得ができること。
〇人それぞれ、習得できるまでの時間が違うこと。
〇何を習得するか目標を明確にすること。
〇どうすれば、習得できるかを考えること。
〇寝る時に寝付くまで習得できた姿をイメージすること。
〇自宅で練習すること。
 そのためにアイデアを考えてすること。

指導してくださった先生は、そのことを気づかせてくれました。
そして私はバスケットボールにのめり込んでいったのです。

大切なのは、成功体験です。

これが努力することの大切さを教えてくれました。

何もしないで、成功はありません。
目標がなければ成功を経験できません。
時間をかけなければ成功に辿りつきません。

あきらめないことが大切だと気づかされました。

この経験は今も生きていく上での人生訓となっています。

  ↑↑↑よろしけれれば、クリックお願いします!
にほんブログ村 その他スポーツブログ バスケットボールへ人気ブログランキングへ
2013/10/14 09:38|バスケット哲学TB:0CM:0
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://kikibasket.blog59.fc2.com/tb.php/452-2ee80d06
東日本大震災のお見舞い

東日本大震災で被災された方々に 心よりお見舞い申し上げます。


ナイスシュート

image111.jpg


amazon


amazon DVD


amazon バスケグッズ


Copyright(C) 2008 All Rights Reserved. バスケットのちから~籠球論語~
Powered by FC2ブログ.  JavaScript by LostTechnology. template designed by 遥かなるわらしべ長者への軌跡.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。