バスケットのちから~籠球論語~

バスケットボールの理論・知識・哲学・技術を独自の見解で紹介します。

カテゴリ


プロフィール

kiki

Author:kiki
kiki(キキ)です。
高校時代は能代工業、京北高校、
土浦日大、明大中野高校、等々
東日本の全国区のチームと対戦!
その経験から得たバスケットボール
の見解を紹介します。


ランキング

↓ここをクリック!ランキングアップ!
(にほんブログ村)
にほんブログ村 その他スポーツブログ バスケットボールへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
(人気ブログランキング)

FC2ブログランキング


アクセスカウンター


オンラインカウンター

現在の閲覧者数:


リンク

このブログをリンクに追加する


最新コメント


最新記事


最新トラックバック


検索フォーム


こころの言葉


Google AdSence


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告
すべてが自分次第であるかのように動き
何も自分次第ではないかのように動く



チームのために・・・
自己犠牲の精神のように思えるけれど・・・
自分を活かしチームのためにと考え方を
変えることが大切。

答えは一つではなく、
立ち位置で答えは変わってくる。
どれが正しいというのではなく、
どちらも正しい。

頑張ろうと強い意志と意欲をもって
いつでも精一杯プレーする。
これこそがプレーヤーの姿であり
舞うがごとく全身を躍動させてプレーしたい。

優れたプレーヤーは他の人が
正しいことをするのを待ってはいない。
すべての責任を負う使命感こそ
一人一人のプレーヤーに必要である。

この責任とは輝かしい記録も
多くの得点を狙うものではないはずである。

チームが勝つ
このことのために自分が役立つ行動をする
ことへの責任である。

必要な時に必要なプレーをする。
そんなパフォーマンスができるプレーヤーになろう。

責任・・・。
責任をもつといういうことは、
単に結果に対してではない。
結果が出ているということは、
もう終わっているということ。
終わったことはもうどうすることができない。

個人のプレーがチーム全体に
与える影響力に気づき
自分自身の努力によって
成功の成否が決まるのだと思いながら
練習に取り組むこと・・・。

この姿勢と意欲の継続こそが
成功の鍵をにぎるだろう。

チームメイトを思いやり
自己中心的でない姿勢であることも
大切な責任のひとつでもある。

自分よりもチーム。
それは自分を活かす、自分の責任をまっとうする。
日々努力することでチームに貢献する。

それがバスケマンに求められるものである。

  ↑↑↑よろしけれれば、クリックお願いします!
にほんブログ村 その他スポーツブログ バスケットボールへ人気ブログランキングへ

2013/11/16 09:47|バスケット哲学TB:0CM:0
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://kikibasket.blog59.fc2.com/tb.php/455-ac48e3d1
東日本大震災のお見舞い

東日本大震災で被災された方々に 心よりお見舞い申し上げます。


ナイスシュート

image111.jpg


amazon


amazon DVD


amazon バスケグッズ


Copyright(C) 2008 All Rights Reserved. バスケットのちから~籠球論語~
Powered by FC2ブログ.  JavaScript by LostTechnology. template designed by 遥かなるわらしべ長者への軌跡.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。