バスケットのちから~籠球論語~

バスケットボールの理論・知識・哲学・技術を独自の見解で紹介します。

カテゴリ


プロフィール

kiki

Author:kiki
kiki(キキ)です。
高校時代は能代工業、京北高校、
土浦日大、明大中野高校、等々
東日本の全国区のチームと対戦!
その経験から得たバスケットボール
の見解を紹介します。


ランキング

↓ここをクリック!ランキングアップ!
(にほんブログ村)
にほんブログ村 その他スポーツブログ バスケットボールへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
(人気ブログランキング)

FC2ブログランキング


アクセスカウンター


オンラインカウンター

現在の閲覧者数:


リンク

このブログをリンクに追加する


最新コメント


最新記事


最新トラックバック


検索フォーム


こころの言葉


Google AdSence


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告

勝てない理由

個人の弱点はチーム力で、ある程度克服できる。
しかし、この弱点が多すぎると
それをカバーすることに終始してしまい
チームとして成り立たなくなる。



人の強みを活かす。
これこそチームとして必要なこと。
しかし、一部の個人を活かすだけでは
勝利という目標を果たせないだろう。

個人技を発達させながら、
チーム全体の力を発展させる。
これが究極のチームづくりであるが、
まずは、チーム全体としては
ディフェンスをつくること。

チーム内の個人のディフェンス力が上がれば
オフェンス力も上がると考える。
相互育成作用という考え方であろう。

日々の練習ではチームメイトと絡むので
技術の切磋琢磨はここで育まなければならない。
それには、マンツーマンディフェンスを
いかにタイトにチームメイトにして
苦しめることができるかということになる。

ディフェンスを考えると
目的は相手に得点を与えないこと。
得点をできるのはボール持っている相手だけです。

理論的にはボールマンを抑えれば
相手に得点されません。

そして、段階的に考えれば、
自分のマークマンにボールを与えないこと。
もしボールがわたっても、
シュート、ドリブルを阻止すること。

相手との間合いが大切なのは知ってお通り。
ワンアーム(腕一本の間合い)の距離で
守れることが大切です。

それだけではありません。
相手のプレーを予測することが重要。
シュートなのか、ドリブルなのか、パスなのか
それによって、すばやくステップできる
フットワーク、重心移動などの技術が必要です。

予測の対応力は日々の練習の中で
レベルアップする努力をしなければなりません。

練習は一回一回の数秒の攻防の繰り返しです。
その一回一回をムダにしない心構えをもとう。

成長は数秒の一回一回の攻防の
積み重ねで築くものです。




  ↑↑↑よろしけれれば、クリックお願いします!
にほんブログ村 その他スポーツブログ バスケットボールへ人気ブログランキングへ
2013/11/23 10:09|勝利哲学論TB:0CM:0
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://kikibasket.blog59.fc2.com/tb.php/456-39e5f3cf
東日本大震災のお見舞い

東日本大震災で被災された方々に 心よりお見舞い申し上げます。


ナイスシュート

image111.jpg


amazon


amazon DVD


amazon バスケグッズ


Copyright(C) 2008 All Rights Reserved. バスケットのちから~籠球論語~
Powered by FC2ブログ.  JavaScript by LostTechnology. template designed by 遥かなるわらしべ長者への軌跡.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。