バスケットのちから~籠球論語~

バスケットボールの理論・知識・哲学・技術を独自の見解で紹介します。

カテゴリ


プロフィール

kiki

Author:kiki
kiki(キキ)です。
高校時代は能代工業、京北高校、
土浦日大、明大中野高校、等々
東日本の全国区のチームと対戦!
その経験から得たバスケットボール
の見解を紹介します。


ランキング

↓ここをクリック!ランキングアップ!
(にほんブログ村)
にほんブログ村 その他スポーツブログ バスケットボールへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
(人気ブログランキング)

FC2ブログランキング


アクセスカウンター


オンラインカウンター

現在の閲覧者数:


リンク

このブログをリンクに追加する


最新コメント


最新記事


最新トラックバック


検索フォーム


こころの言葉


Google AdSence


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告
バスケットボールの最大の目的はシュート。
シュートへ結びつけるための
攻撃の方法には「パス」と「ドリブル」の
二つの選択肢があります。




パスはスピードが速い。
一気にリングに近づけたり、ディフェンスを
崩すことができる。

しかし、利点だけではない。
ボールが空中を飛んでいる間は
ボールをコントロールすることはできない。
つまり、ボールが手から離れている時間が長いため
パスミスやディフェンスから奪われるパスカットで
ボールを相手に奪われてしまう。

一方、ドリブルは展開が遅く、ディフェンスに対しては
じっくり攻めることになり、ディフェンスに陣形を
整える時間を与えてしまう。

ドリブルはボールをコントロールしている時間は長い。
ディフェンスのプレッシャーをカバーすることもできる。
技術がしっかりしていれば、ボールを奪われにくい。

シュートに至るために、どちらを選ぶかは
ドリブルの能力のレベル、チームカラーやチーム方針、
試合の展開によって変わってくる。

重要なことは、パスだけに頼る。ドリブルだけに頼るプレーで
どちらかの偏ってしまっては、ディフェンスは守りやすい。

オフェンスの展開を考える時に
パスがドリブルより攻撃的であるがゆえに
戦略的に選択されやすい。

しかし、ドリブルは必要な技術です。

パスの利点、ドリブルの利点を活かす
タイミング、展開の状況を見極め選択していく。
オフェンスの幅を大きくして、ディフェンスを崩すには
予測されない、予測されても攻めきれる
攻撃を仕掛けれるようにしたいものです。



  ↑↑↑よろしけれれば、クリックお願いします!
にほんブログ村 その他スポーツブログ バスケットボールへ人気ブログランキングへ
2013/12/08 10:19|技術理論TB:0CM:0
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://kikibasket.blog59.fc2.com/tb.php/458-cf0b6e94
東日本大震災のお見舞い

東日本大震災で被災された方々に 心よりお見舞い申し上げます。


ナイスシュート

image111.jpg


amazon


amazon DVD


amazon バスケグッズ


Copyright(C) 2008 All Rights Reserved. バスケットのちから~籠球論語~
Powered by FC2ブログ.  JavaScript by LostTechnology. template designed by 遥かなるわらしべ長者への軌跡.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。