バスケットのちから~籠球論語~

バスケットボールの理論・知識・哲学・技術を独自の見解で紹介します。

カテゴリ


プロフィール

kiki

Author:kiki
kiki(キキ)です。
高校時代は能代工業、京北高校、
土浦日大、明大中野高校、等々
東日本の全国区のチームと対戦!
その経験から得たバスケットボール
の見解を紹介します。


ランキング

↓ここをクリック!ランキングアップ!
(にほんブログ村)
にほんブログ村 その他スポーツブログ バスケットボールへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
(人気ブログランキング)

FC2ブログランキング


アクセスカウンター


オンラインカウンター

現在の閲覧者数:


リンク

このブログをリンクに追加する


最新コメント


最新記事


最新トラックバック


検索フォーム


こころの言葉


Google AdSence


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告
「間」(スペーシング)には
二つの意味があると考えます。

その一つは・・・
「ディフェンスとの間」です。


これは、オフェンスとそのマークマンの
ディフェンスの距離をいいます。
一般的にはワンアームウェイという腕一本分の距離です。

この距離の取り方が重要であり、この距離をキープできれば
簡単に攻められることはないでしょう。

この腕一本の距離以上に離れるとシュートを簡単に
打たれてしまいます。
また、慌ててディフェンスがシュートをチェックしようとして
距離が狭くなるとカウンターで出てくるところを
抜かれてしまうでしょう。

この原理を熟知し、オフェンスはこの距離をくずす努力をし
ディフェンスはこの距離を保つ努力をします。

そして、もうひとつの「間」は味方同志のオフェンス時の距離です。
このスペーシングはそれぞれの状況においての
距離感とバランスが重要になります。
また、パスやカッティングのタイミングも重要になります。

ボールマンが攻めようとするときには、周りの味方は
邪魔しないようにしなければなりません。
そしてなおかつ、ボールマンの隣の味方はディフェンスを
振り切り一瞬の間のタイミングでボールをレシーブできる
体勢をつくることも必要です。

場合によってはボールマンより早く動いてスペースを空けることや
素早く動いてボールを受け取ることでディフェンスを崩し、
良い状況をつくることも大切です。

ディフェンスにとって問題なのはパスのタイミングが
ずれるという変化であり、
突然パスの状況が現れるとディフェンスが対応できず
混乱することになります。

変化を作り出すことはディフェンスを崩すために重要な
ポイントです。
そして、相手に悟られないようにそれをつくれたら
効果は増加します。

1対1における「ディフェンスの間」を崩すために
味方同士の「オフェンスの間」の変化を利用することで
バスケットボールの醍醐味である相手をだし抜くプレーは
よりバスケットボールの楽しさを味あわせてくれるでしょう。




  ↑↑↑よろしけれれば、クリックお願いします!
にほんブログ村 その他スポーツブログ バスケットボールへ人気ブログランキングへ





2014/01/19 17:03|未分類TB:0CM:0
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://kikibasket.blog59.fc2.com/tb.php/462-3b05577f
東日本大震災のお見舞い

東日本大震災で被災された方々に 心よりお見舞い申し上げます。


ナイスシュート

image111.jpg


amazon


amazon DVD


amazon バスケグッズ


Copyright(C) 2008 All Rights Reserved. バスケットのちから~籠球論語~
Powered by FC2ブログ.  JavaScript by LostTechnology. template designed by 遥かなるわらしべ長者への軌跡.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。